山陽新幹線事故 身元・52歳介護士はだれ?仕事の悩みが原因で自殺か!?

14日午後、JR山陽新幹線の小倉駅(北九州市)を出発した
博多発東京行き「のぞみ176号」の先頭車両のボンネットが
破損しボンネット内部から人体の一部が見つかりました。

この事故で、身元は52歳の男性介護士と判明しましたが、
名前や顔画像はあるのでしょうか。
また家族などはいなかったのでしょうか。

スポンサーリンク



山陽新幹線事故 身元判明!

JR山陽新幹線で発生した人身事故で遺体の身元が判明しました。

名前:?
年齢:52歳
居住地:福岡県直方市
職業:介護士

顔画像や名前は公表されていません。
52歳ですので、奥さんやお子さんがいてもおかしくありません。
情報が入り次第追記いたします。

スポンサーリンク



山陽新幹線事故 自殺か?

午後2時10分頃、小倉駅を発車したのぞみ176号の
先頭車両のボンネットが破損しているのを、
すれ違った新幹線の運転士が発見しました。

新幹線の運転士は博多―小倉間を走行中に「ドン」という衝突音を聞きますが、
「駅間に人が立ち入ることはなく、小動物とぶつかったのだろう」と思い、
報告しなかったということです。

次の新下関駅で車両を緊急点検したところ、ボンネットは先端が大きく割れ、
内部から性別不明の人の胴体の一部と腕などが見つかったそうです。
先頭車両の表面には血のようなものも付着していました。

遺体の一部が見つかった福岡県北九州市八幡西区の石坂トンネル近くの路上で、
無施錠の無人の軽乗用車を発見し、男性の指紋が新幹線の車体から見つかった
人体の一部の指紋と一致したことにより、身元が判明しました。

軽乗用車近くにある新幹線の高架橋の柱には、
はしごのようなものが備え付けてあり、このはしごを伝った後、
線路にあがる階段を上り、高架橋の壁を乗り越えて
線路付近に行き着いたと考えられています。

しかし、この足場のはしごは、地上から3メートルほどのところにあり、
「簡単に上れないよう、普段はカバーが掛けられており、
通常の方では容易に上にのぼれないように考えている」ということです。
なぜ事故は起こってしまったのでしょうか。

介護士は体力仕事な上、お給料は少なく、割に合わないというイメージがあります。
そして、介護士が施設の入居者の命を奪う事件などが多く起こっていますし、
何らかの悩みがあり、自殺という選択をしてしまったと考えられます。
介護士と聞いただけで、辛かったんだろうなと感じてしまいますし、
52歳という年齢で肉体労働、転職もできない状態で
行き場がなかったのではないでしょうか。

亡くなってしまっては原因や理由はわかりませんが、
大勢に迷惑のかかる場所を選んだのには誰かに気づいて欲しいとか、
そうゆう思いもあったのではと思ってしまいます。

亡くなる時まで苦しい思いをして欲しくなかったですね。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください