大野良和 顔画像や経歴は?コーレーグースをのみ飲酒運転!?

沖縄県で飲酒運転による事故が発生しました。
逮捕されたのは沖縄高専教員大野良和容疑者(32)で、
お酒ではなく、沖縄調味料の「コーレーグース」を飲んだと
供述しています。

大野容疑者の顔画像や経歴など調べてまとめていきます。

スポンサーリンク



大野良和 プロフィール!

名前:大野良和
年齢:32歳
居住地:
職業:沖縄工業高等専門学校教員

勤務先である学校の場所がこちらです。

Facebookを調べてみたところ、大野容疑者のアカウントは見つかりませんでした。

大野良和 事故の経緯!

酒気帯び状態で運転し、車に衝突して3人に軽傷を負わせたとして、沖縄県警名護署は15日、宜野座村惣慶(そけい)、国立沖縄高専教員大野良和容疑者(32)を、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕し、発表した。

 署の説明では、大野容疑者は14日午後11時20分ごろ、名護市世冨慶(よふけ)の国道329号で、酒気帯び状態で乗用車を運転。対向してきた乗用車に衝突し、20代の男性運転手ら3人に軽傷を負わせた疑いがある。

大野容疑者は事故を起こした直後の呼気検査で、
基準値のおよそ2.5倍のアルコールが検出されたということです。
大野容疑者は、自動車運転処罰法違反容疑は認めていますが、
酒気帯び運転については
「コーレーグース(島唐辛子を泡盛に漬け込んだ調味料)は飲んだが、酒は飲んでいない」
と否認しているということです。
一体このコーレーグースとは何なのでしょうか?

スポンサーリンク



大野良和 コーレーグースは飲み物なの?

大野容疑者が容疑を否認し、飲んだと供述している「コーレーグース」。


[出典;Wikipedia]

コーレーグスとは唐辛子を意味する沖縄の方言で、
島とうがらしを泡盛に漬け込んだ沖縄県の調味料のことを言います。

コーレーグスは沖縄そばの薬味として、欠かすことの出来ない卓上調味料のため、
沖縄県ではほとんどの食堂のテーブルに置かれています。
調味料としては粘度が低い上に非常に辛く、泡盛のアルコール度数は20〜30度と高いため、
そばなどに1滴くらい垂らして食べるそうです。

今回コーレーグースを飲んだと供述していましたが、
結構辛いらしいですよ〜。
そして、間違えてはいけないのが、”飲み物”ではなく”調味料”です。
料理に一滴垂らすくらいなら、アルコール基準値を超えないので
飲酒運転にはなりませんが、なぜ調味料を飲んだのか、
基準値を超えるくらい飲んだということは、自分でも自覚はあったはずです。
飲まされた可能性もありますが、早急に罪を認めて反省して頂きたいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください