船戸雄大[顔画像]嫁・優里と虐待!「パパ、ママ、ゆるして」伝わらなかった思い。

東京・目黒区で、5歳の女の子が虐待死させ、
船戸雄大容疑者(33)と妻の優里容疑者(25)が逮捕されました。

亡くなった結愛ちゃんは、「ゆるしてください」などと
ノートに綴っていて、とても心が痛みました。
両容疑者について、事件の経緯をまとめていきます。

スポンサーリンク



船戸雄大 嫁・優里 プロフィール!

名前:船戸雄大
年齢:33歳
職業:無職

名前:船戸優里
年齢:25歳
職業:?

船戸家は2018年1月に、香川県善通寺市から東京・目黒区に引っ越しました。
雄大容疑者はすでに虐待の札つきで、2017年2月と5月には、
傷害容疑で書類送検されていましたが、いずれも不起訴になっています。
以前は、香川県三豊市の冷凍食品会社に務めていたそうです。

今回の事件は、3月に雄大容疑者が逮捕され、
約3ヶ月後に母親の優里容疑者が逮捕されることとなりました。
結愛ちゃんに十分な食事を与えなかった上、極度に衰弱しても
病院に連れて行かずに死亡させたとしています。

亡くなった結愛ちゃんの顔画像がこちらです。

可愛らしいですね!

スポンサーリンク



船戸雄大 5歳女児を虐待!結愛ちゃんの悲痛な思い!

事件前に毎日のように使われていたノートに
「きょうよりか もっとあしたからはできるようにするから もうおねがい ゆるしてください」

などと書かれていました。

ママ もうパパとママにいわれなくても しっかりとじぶんから きょうよりかもっと あしたはできるようにするから

もうおねがいゆるして ゆるしてください おねがいします

ほんとうにもうおなじことはしません ゆるしてきのうぜんぜんできなかったことこれまでまいにちやってきたことをなおす

これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだからやめる もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいやくそくします

もう あしたはぜったいやるんだぞとおもって いっしょうけんめいやる やるぞ

こちらの両親への謝罪の言葉は結愛ちゃんが亡くなる
10日前まで平仮名で書かれていたといいます。

 
結愛ちゃんは、雄大容疑者から顔を殴られたり、
水を浴びせられたりするなど、虐待を受けていました。
また、1日1食しか与えられていなかったこともあり、
平均体重も20キロのところを12キロしかいなかったようで、
8キロも少なかったようです。

調べに対して2人は容疑を認め、雄大容疑者は「しつけとしてやっていた」、
優里容疑者は「虐待を知りつつ見過ごしていた」と話しているということです。

死因は、低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症と見られています。
まだ5歳という幼い命を親の手によって奪われてしまいました。
ノートの”ゆるして”を見ると、どうにかして両親に認めてもらいたい、
という気持ちから、5年間懸命に生きていたことが感じられます。

子供なのに、遊ぶことも許されず朝の4時から勉強をし、
挙句の果てには、両親から虐待というなのストレス発散に
利用されていたと思うと、心が痛みます。
もっと子供らしい生き方をして欲しかったですね。

最後に結愛ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.