細田直希 顔画像は?小柴陽子(内縁の妻)も共謀しエアガンで撃ち虐待!

男児(8)をエアガンで撃ち、軽傷を負わせたとして
細田直希容疑者(26)と小紫陽子容疑者(38)が
逮捕されました。

男の子は全治9日間という怪我を親から受けるという
虐待にあっていました。
両容疑者の顔画像や犯行動機などまとめていきます。

スポンサーリンク



細田直希 プロフィール

名前:細田直希
年齢:26歳
居住地:滋賀県野洲市小篠原
職業:塗装工

そして、細田容疑者の内縁の妻も逮捕されました。

名前:小紫陽子
年齢:38歳
居住地:大津市唐崎1
職業:無職

被害にあった男児は、小柴容疑者の次男で、
他に長男、三男との4人家族だったようです。

スポンサーリンク



細田直希 内縁の妻と共謀し虐待!

事件の経緯がこちらです。

細田容疑者は先月30日、大津市唐崎1の小紫容疑者の自宅で男児に向けてライフル型のエアガンを数発撃ち、左膝と右肩にすり傷など全治9日間の軽傷を負わせたとされる。その場にいた小紫容疑者は、射撃を止めなかったとしている。

男児が通う小学校がけがに気づき、連絡を受けた県の子ども家庭相談センターが大津署に通報していた。

こちらを整理してみると、
現場は小柴容疑者の自宅で、こちらの地域になります。

日にちは5月30日午後6~7時ごろ、
小柴容疑者の内縁の夫である細田容疑者が次男に向けてエアガンを撃ち、
左膝と右肩に全治9日間の怪我を負わせました。

小柴容疑者は、エアガンを打つところを止めなかったということで、
共謀したということになります。
自分の子供が他人に傷つけられているにも拘らず見ているだけだったのは、
何か理由があるのでしょうか。

大津市子ども家庭相談室によると、翌31日に次男が学校で担任教諭に
「エアガンで撃たれた」と伝えたことで発覚しました。
連絡を受けた家庭相談センターが署に届けでたため、4日までに次男と長男、
三男が無事に保護されました。

一昨年の11月には、長男が虐待されている恐れがあると、
子ども3人を一時保護していたこともあったようです。
また、その後は母親から定期的に相談を受けていたようですが、
なぜこんな事件が起きてしまったのでしょうか。

細田容疑者は、あくまで他人ですので、自分の子を守るのが
親である小柴容疑者の使命なのではないでしょうか。
また、細田容疑者とは12歳も離れていますが、
どうゆう理由でこのような関係になったのかもきになるところです。
小柴容疑者は無職なので、細田容疑者の稼いだお金で生活していたと考えられ、
そのために止められなかった可能性もありますが、幾ら何でもひどいですよね。

お子さんたちが安心して生活できる環境を整えて欲しいです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.