服部豊幸 顔画像やFacebook判明!勤務先HPの趣味「お酒を飲むこと」

3日午前0時50分ごろ、越谷市の県道で男女二人が亡くなるという
悲しい事故が発生し、逃走していた服部豊幸容疑者(24)が逮捕されました。

服部容疑者は、任意同行時お酒が入った状態だったということで、
飲酒運転の可能性が考えられます。
Facebookや顔画像、勤務先などをまとめていきます。

スポンサーリンク



服部豊幸 プロフィール!

*顔画像が報じられました。

名前:服部豊幸
年齢:24歳
居住地:越谷市伊原2丁目
職業:建設作業員

服部容疑者のFacebookを調べてみたところ、
同姓同名のアカウントが見つかりました。
ボンネットが壊れた白い車と同じ車の画像が掲載されていましたので、
ほぼ間違いないと思います。
また、顔画像も載っていました。

*服部豊幸容疑者のFacebookはこちら

服部容疑者を調べていく中で、勤務先も特定できましたが、
こちらは会社にご迷惑がかかるので、掲載を控えさせていただきます。
興味のある方は検索結果からどうぞ。
ちなみに、現在はHPからプロフィールが削除されているため、
見ることはできません。

勤務先のHPには、名古屋の老舗割烹料理屋で働いていたという情報もあり、
Facebookの「名古屋市出身」とも一致しています。

また、趣味については「今はお酒を飲む事です。」と記述されており、
お酒が好きだったことには間違いないようです。
勤続4年となっていたため、それなりに仕事もでき、信頼もされ、
これからといったところだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



服部豊幸 ひき逃げ事故で被害者は?

今回の事故で越谷市南越谷1丁目の県道の信号のない
横断歩道を横断していた

三郷市さつき平2丁目の江原英夫さん(63)、
さいたま市緑区東浦和2丁目の一戸侍子(ともこ)さん(60)が、
全身を強く打ち、搬送先の病院で約1時間後に死亡が確認されました。

事故現場となったのはこちらの場所です。

JR南越谷駅近くの、楽園タウン南側の横断歩道で、
片側一車線の見通しのいい直線道路でした。

今回の事故の経緯がこちらです。

 3日午前0時50分ごろ、越谷市の県道で「歩行者2人に車がぶつかって意識がないようだ」と通り掛かった男性から110番通報がありました。警察によりますと、横断歩道を渡っていた男性と女性が白っぽい乗用車にはねられ、乗用車は逃走したということです。2人は病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。警察は、現場の遺留物や周辺の防犯カメラを調べるなどして逃げた車の行方を追っています。現場は片側1車線の見通しの良い直線道路で、乗用車は北から南に向かって走っていました。2人がはねられた横断歩道には、信号機は設置されていませんでした。

事故現場から約1.5キロ離れた服部容疑者の自宅付近でボンネットが壊れた車を発見し、
任意同行され、逮捕に至ったということです。
服部容疑者は「運転中に事故を起こしたが、何とぶつかったか分からなかった」
と容疑を一部否認しているということです。
任意同行時には、お酒が入った状態だったということで結構な量を飲んでいた可能性や、
飲酒運転がバレないように逃走していたとも考えられます。

まず、目の前でぶつかったのに分からなかったことから、
正常な運転ができていなかったということになりますよね。
そして、何とぶつかったのか分からないにも拘らず逃走したこと、
普通はぶつかったのなら確認をすると思いますし、
自分だったら車を止めて確認し、安全な状態で運転を再開します。

また、人がなくなるくらいの衝撃から、スピードも出ていたと考えられますし、
服部容疑者の供述が言い訳にしか聞こえません。

被害に遭われたお二人や、ご遺族の方を思うと、胸が痛みます。
お二人のご冥福をお祈りいたします。

服部容疑者にはしっかり反省し、罪を償っていただきたいですね。

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください