大場雅文 顔画像あり!重度の睡眠障害で事故19件も起こしていた!

東京都中野区で起きた交通事故で、
大場雅文容疑者(60)が逮捕されました。

重度の睡眠障害があり、2014年から事故19件、
免許停止3回も受けていたということです。

顔画像や経歴をまとめていきます。

スポンサーリンク



大場雅文 プロフィール!顔画像あり!

名前:大場雅文(おおば・まさふみ)
年齢:60歳
居住地:東京都江戸川区春江町2
職業:運送業会社経営

大場雅文 重度の睡眠障害で過去にも事故を起こしていた!

警視庁は、大場容疑者に睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害の影響で
事故を繰り返していた可能性があるとみています。

大場容疑者は2014年以降、19件の人身・物損事故を起こしていて、
このうち、12件は昨年の1年間で起こしたものだそうです。
免許停止処分も3回受けていて、
昨年睡眠障害の疑いがあり病院で診察を受けましたが、
その後は通院しなかったこともわかっています。

大場容疑者は「気付いた時にぶつかっていた」と容疑を認めています。

スポンサーリンク



大場雅文 事件の経緯

睡眠障害の疑いがあるにも関わらず運転を続け、これまでに19件の事故を起こしていたとみられる運送会社経営の男が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、東京・江戸川区に住む運送会社経営・大場雅文容疑者(60)で、今年1月中野区でワゴン車を運転中に居眠りし、男性(40)をはねて重傷を負わせた疑いが持たれています。

取り調べに対し、「今までにも覚えていない事故を何件か起こした」と供述しているということです。

逮捕容疑は、
・1月21日午前7時5分ごろ
・中野区本町2の都道

軽乗用車を居眠り運転し、停車中のトラックの後ろで作業していた
相模原市の男性会社員(40)に衝突し、全治6ヶ月の大怪我を負わせました。
大場容疑者は、容疑を認めています。

事故が起きたのはこちらの地域です。

はっきりした場所は特定できていませんが、大学や幼稚園もあり、
もし通学、通園時間に被っていたとしたら、大事故になりかねません。
睡眠障害があるとわかっていながら車を運転するというのは、
危険行為ですし、人の命を奪ってしまう可能性もあることを考えて欲しいです。
車がないと仕事にならないのかもしれませんが、19件も事故を起こしておきながら、
自ら免許返納をしなかったことにも少し疑問を感じてしまいますね。

反省し、今後の行動を改めて欲しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください