稲田府見洋 顔画像やFacebookは?犯行動機は八つ当たりか!?

17日午後8時25分頃、名古屋市中区錦のネットカフェなどが入るビルで
殺人事件が発生しました。

逮捕されたのは稲田府見洋容疑者(22)で、
被害者の男性は搬送先の病院で亡くなりました。
被害者は誰なのでしょうか。
こんな最悪な事件を起こした稲田容疑者についてまとめていきます。

スポンサーリンク


稲田府見洋 プロフィール!

名前:稲田府見洋(いなだ・ふみひろ)
年齢:22歳
居住地:不詳
職業:不詳

逮捕の瞬間が映し出されていました。

スポンサーリンク


顔はぼやけていてよく見えません。
Facebookを調べてみたところ、稲田容疑者のアカウントは見つかりませんでした。

稲田府見洋 犯行動機は八つ当たり!?

17日午後8時半ごろ中区錦三丁目の「マンガ・ネット館錦店」の店員から
「刃物を持ってもみ合っている人がいる」と110番通報がありました。
事件のあったお店がこちらです。

警察官が駆けつけたところ店内で倒れている20代から30代くらいの男性を見つけ、
病院に搬送されましたが、約1時間後に亡くなりました。
死因は頭や首、胸などを刺されることによる出血死でした。

稲田容疑者は、果物ナイフ(刃渡り約15センチ)を持っていて、
現行犯逮捕されました。

犯行動機は「自分が死ねないので、むかついて刺した」などと供述していて、
男性と面識はなかったということです。

なぜ何も罪のない方の命を奪ったのでしょうか。
自分が死ねなかったからといってムカつく理由もわからないですし、
なぜ自殺を図ったのか、謎が多いですね。

*追記
この事件で被害にあったのは、
尾張旭市の銀行員・大竹智之さん(35)と判明しました。

稲田容疑者が凶器に使ったナイフは、1週間くらい前に拾ったもので、
「ムカついたことがあったら誰でもいいから人を刺そうと思って持っていた」と供述していることが、
捜査関係者への取材で新たに分かりました。

追記終わり

ご家族の方のことを思うと、突然帰らぬ人となってしまい
胸が痛みます。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください