大桃珠生ちゃん窒息死。越後線人身事故で犯人は誰?証拠隠滅のため?

新潟市西区青山水道のJR越後線で人身事故が発生しました。
身元は小学校2年生の大桃珠生ちゃんでした。
首には絞められた跡があり、電車にひかれる前に
殺害されていたことが明らかになりました。

現場の状況や事件の経緯をまとめていきます。

スポンサーリンク


 

越後線 人身事故発生!

7日夜、新潟市のJR越後線の線路内で女の子の遺体が見つかった事件で、警察は、午後6時半から記者会見を開き、死亡したのは、新潟市西区に住む小学2年生の大桃珠生さん(7歳)と明らかにしました。

新潟県警は会見で女の子の死因は「司法解剖の結果、窒息死であることが分かった」などと述べ、殺人と遺体を遺棄した疑いで捜査を進めていることを明らかにしました。

警察は記者会見で、女の子の死亡推定時刻は、7日午後であることを明らかにしました。

警察の記者会見によりますと、死亡した小学2年生の7歳の女の子の母親から7日午後5時すぎ「午後3時すぎに学校を出たはずの娘が帰ってこない」と警察に届け出があったということです。
そして午後10時40分すぎ、JRからJR越後線で人身事故発生との110番通報を受けて確認したところ、線路上で女の子の遺体を発見したということです。

電車の運転士は、線路内で女児が倒れているのに気づき、
急ブレーキをかけたが間に合わなかったということです。
近くにはランドセルも落ちていたといいます。

司法解剖の結果、顔には鬱血の跡があり、首を絞めて殺害されたあと、
線路内に遺棄されたとみています。

女の子の保護者が7日夕方に、「小学2年の娘が帰宅しない」と同署に届け出ていて、
午後5時ごろ教師30名近くで捜索しましたが見つからなかったということです。

スポンサーリンク


越後線 人身事故の現場はこちら。

大桃珠生ちゃんは、現場から約500メートルの市立小針小に通っていました。
約2年前に家族で引っ越してきて、友人らと自転車で遊んだり、
サッカーボールを蹴ったりするなど活発な子だったということです。
近所の女性は「午後3時ごろに1人で学校から帰って来る様子をよく見る」と話しています。

そして、現場となったのはこちらの線路内です。

JR小針駅から北東に約500メートルの住宅街で、金属製の柵がありますが、
出入りすることは可能だということです。

しかしこの画像を見ると分かりますが、柵は大人の肩くらいまであるので、
小学生の子が自分から入るのは、あまり考えられません。

何者かが、首を絞めて殺害したあと、証拠隠滅のために遺棄したと考えられます。
また、遺棄した時間は”10時19分発”の下り列車が通った後から、
人身事故が発生した”10時27分発”の上り列車の
8分間の間に起こったということで、
近くで待機していた可能性もありますね。

この事件、首を絞められて苦しい思いをした後に、
さらに電車にひかれるという、あまりにも残酷すぎて胸が痛みますし、
まだ幼い子がこんな目にあって、本当に犯人が許せません。

犯人はまだ捕まっていないということで近所の住民の方々は、
不安な日々を過ごされることと思います。

まずは、早く犯人が捕まることを願うばかりです。

最後に、大桃珠生ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

*追記
大桃珠生ちゃんを殺害し、遺棄したとして
14日小林遼容疑者(23)が逮捕されました。

小林遼[顔画像あり]新潟女児殺害事件犯人!日頃から狙っていた!?

追記終わり

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください