かこさとし グッズがかわいい!最期の作品「だるまちゃんシリーズ」出版の絵本作家!

「だるまちゃん」シリーズなどで知られる絵本作家の
加古里子(かこさとし)さんが2日、亡くなりました。92歳でした。

今年の1月には、だるまちゃんシリーズの新作を出すなど、
闘病中も作品を書き続けていました。

そんな作品にちなんだグッズなども販売していて、
世代問わず親しまれてきたかこさとしさんについて
まとめていきます。

スポンサーリンク


かこさとし プロフィール

絵本作家のかこさとしさんが、亡くなりました。

名前:加古里子(かこ・さとし)
本名:中島哲

福井県の現・越前市生まれ。
東京大学工学部を卒業後、昭和電工に勤めながら川崎市などでセツルメント活動に携わり、
地域の子供たちに自作の紙芝居を見せていました。
30歳を超え、1959年に「だむのおじさんたち」で絵本作家デビューを果たし、
部長職だった1973年に退職後、創作や児童文化の研究に専念してきました。

かこさとし 世代を超えて親しまれてきた作品!

代表作のひとつ「だるまちゃん」シリーズの
第1作目である「だるまちゃんとてんぐちゃん」(1967年)が
ミリオンセラーになって以降、50年以上にわたり
世代を超えて親しまれてきました。

この他に「からすのパンやさん」(1973年)は、発行部数が200万部を超え、
科学をテーマにした科学絵本などでも知られるなど、作品は600点以上もあるそうです。

2018年1月には「だるまちゃんとかまどんちゃん」など
新作3冊が同時発売されたばかりで、90歳を過ぎても創作活動を続け、
生涯現役という素晴らしい絵本作家でした。

スポンサーリンク


かこさとし グッズがかわいい!

そんな大ヒット作を生み出したかこさんですが、
グッズも販売していました。

可愛過ぎて着せてあげたいですね!

私も子供の頃によく読んでいたので悲しいですが、
92歳まで現役で活動されていたかこさんのように、
最期まで自分のやりたいことを精一杯やって後悔のない人生を送りたいです。

かこさとしさんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください