中村悟志 顔画像あり!犯行動機は?アシッドアタックが恐ろしい!

東京・上野で対立する客引きグループの男性に
硫酸をかけるという恐ろしい事件が起きました。
 
この事件で逮捕されたのは、中村悟志容疑者・42歳。
過去にも硫酸をかけるアシッドアタック(酸攻撃)の事件が起こってますが、
犯行動機はなんだったのでしょうか。
また、事件当時、なぜ硫酸を持っていたのでしょうか。

スポンサーリンク


中村悟志 プロフィール!

名前:中村悟志
年齢:42歳
居住地:東京都文京区本駒込6
職業:自称風俗店経営
(上野を拠点とする風俗店の客引きグループの代表)

メディアでは顔画像が公表されました。

Facebookなどを調査したところ、
本人のアカウントと思われるものは見つかりませんでした。

中村悟志 事件の経緯!

東京・台東区で、対立する客引きグループの男性に
硫酸をかけてケガをさせたとして男4人が逮捕された。

逮捕されたのは自称・自営業の中村悟志容疑者や無職の勇誠容疑者ら4人。
警視庁によると4人は2015年8月、客引きグループのリーダー格だった
当時36歳の男性の背中に硫酸をかけてケガをさせた疑いが持たれている。

上野を拠点とする風俗店の客引きグループのトラブルから、
台東区に住む飲食店経営の男性(38)に対し、
背中などに硫酸をかけて大けがをさせました。

4人は男性の車にGPSをつけて自宅マンションを割り出し、
駐車場で待ち伏せていたということです。
他にも被害者男性の知人らに対し硫酸をかけけがをさせたとみられていますが、
取り調べに対し容疑を否認しています。

事件の発端は、客引きのトラブルとなっていますが、
被害男性グループと中村容疑者のグループの間で、
上野や湯島で客を取り合うトラブルになっていて、
6年ほど前から乱闘事件などが7件も起きていたそうです。

スポンサーリンク


中村悟志 共犯者も逮捕!

今回の事件で、中村容疑者のほかに3名が逮捕されました。

名前:勇 誠
年齢:36歳
職業:無職

名前:茨木 伸幸

名前:近藤 靖春

名前:勇 誠
年齢:36歳
職業:無職

中村悟志 アシッドアタック!なぜ手元にあったのか?

今回の事件に使われた”硫酸”。
どれだけ強い薬品なものか調べてみました。

塩酸などとは異なり不揮発性であるため、濃度の低い硫酸であっても
水分が蒸発すると濃縮されるので、衣服に付いた場合などは、
そのまま放置すると穴が開く危険性があり、
また、皮膚に付いたものを放置すると、火傷をする恐れがある。

濃度が低くても、水分が蒸発するにつれ、濃度が高くなり、
危険な薬品になるということですね。

市販の濃硫酸は96〜98%程度のものが多く、
10%を超えて含有する溶液は医薬用外劇物の指定を受けています。

私たちの生活の中で一番身近な硫酸として、車などで使っている
バッテリーの”バッテリー液”が代表的ですが、薬局でも普通に買えるそうです。

但し、氏名、住所等を用紙に提示する必要があるそうですが、
バッテリー液にしても、一般人でもということです。

こんなに身近に手に入るものが、まさか凶器になってしまうとは、、、
硫酸をかけたらどうなるかが分かっていて、犯行に及んだと考えられます。
なぜ事件当時、手元にあったのかも不思議ですが、
計画的犯行だったとなると、言い逃れはできませんね。

過去には、世界規模でアシッドアタック(酸攻撃)が起こっていました。
イギリスでは交際のもつれによる腹いせや強盗の目的で
相手に硫酸などをかける事件が500件以上起こり、失明した方もいました。

ロンドン警視庁の統計によると、2015年に市内で起きた酸攻撃は
「261件」だったのに対して、2016年は「458件」に増えています。

また、1965年に起こった殺人事件では、東京都で28歳の技師が、
35歳の同僚を口論の末に金槌で全身を殴打して殺害後、
硫酸を満たした樽の中に死体を入れて溶解させ、証拠隠滅を図りました。
後に樽の底に人骨の一部が発見され事件が発覚しましたが、
それほど強い薬品だということがわかります。

硫酸を経口摂取した場合は、消化管の損傷による口腔咽頭痛、嚥下困難、
嘔吐、腹痛、吐血、下血などを認め、重症例では消化管穿孔、意識障害、
ショック、多臓器不全などを呈し、死に至るケースもあります。
また、眼に入った場合は、結膜炎、角膜混濁、視野狭窄、
最悪のケースでは失明することもあるというこの薬品。

治療法は、硫酸に対する解毒剤は存在しないということで、
大量の水で洗浄して補液を十分行うことや、
経口摂取した際には直ちに口腔内の洗浄し牛乳や水で希釈することなどの
対症療法が主となります。

今回の事件の被害具合がどのくらいかわかりませんが、
完治するまでには何年もかかると思いますし、
完全に皮膚が修復する可能性も低いと考えられます。

まずは中村容疑者が逮捕されて一安心ですが、
被害者の方の一刻も早い回復を願うばかりです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください