明石崇広 顔画像や犯行動機は?ゆめバグプロデューサーで余罪あり!?

SNSで知り合った14歳の女子中学生を
車で連れ去るという事件が発生しました。

未成年誘拐の疑いで逮捕されたのは、明石崇広容疑者・38歳。
なんと、ゆめバグというアイドルプロデューサーを務めていて、
過去にも被害者がいるようです。

顔画像や犯行動機をまとめていきます。

スポンサーリンク


明石崇広 プロフィール!

名前:明石崇広
年齢:38歳
居住地:新潟県十日町市
職業:自称アイドルプロデューサー

明石崇広 事件の経緯!

今回の事件、一体どのようにして誘い出したのでしょうか。
こちらが事件の経緯です。

明石崇広容疑者(38)は4月1日、東京・八王子市で、14歳の少女を誘拐し、およそ250km離れた新潟・十日町市の住宅に2日間にわたって住まわせた、未成年者誘拐の疑いが持たれている。

14歳の少女が、SNS(会員制交流サイト)に「家を出たい」と書き込んだところ、明石容疑者はアイドルプロデューサーを名乗って、「ウエートレスやらない?」、「制服持ってきてね」などと誘い出していた。

その後、14歳の少女が「帰りたい」と話したため、明石容疑者は、都内のコンビニの駐車場で解放したという。
十日町市の住宅には、ほかにも19歳の少女がいたことが確認されていて、警視庁は、19歳の少女についても、くわしい経緯を調べている。

明石容疑者は、「アイドル活動をサポートしてやろうと思った」と話しているという。

学校の制服を持って高尾駅に来るよう指示され、14歳の女子中学生は
携帯電話を家に置いたまま家を出たといいます。
家族が2日に行方不明届を出していました。
また、19歳のアイドル志望の女の子も暮らしていたそうです。
この会員制の交流サイトはどのようなものか
引き続き調査していきます。

スポンサーリンク


明石崇広 ゆめバグのプロデューサーで余罪あり!?

早くもネットでは、明石容疑者の職業が明らかになってきました。

秋葉原でお店を経営したり、ゆめバグのプロデューサーを務めているそうです。
ゆめバグとは何なのか調べてみたところ、

VRインターネットの世界
君の夢中にバグっちゃった女の子のお話。

と書いてありました。
どうやら”夢”をコンセプトにアイドル活動?をしているようです。

また、明石容疑者のツイッターのアカウントが判明しました。

明石容疑者は、以前から評判はよくなかったようです。

このことから、職業は自称ではなく、本物のアイドルプロデューサーのようですが、
人の上に立つという立場を利用して、このような犯行をしてしまうのは、
いつか見捨てられますし、悪質な犯行だと感じます。
ツイッターから、他にも被害者がいるような情報もあり、
若い女の子が好きなのは仕方がありませんが、
誘拐は犯罪なので、余罪も含めしっかりと罪を償ってほしいです。

しかし、女子中学生もなぜ付いて行ってしまったのでしょうか。
未成年誘拐事件があるたびに思いますが、
自分の身は自分で守らないといけないなと改めて感じました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です