正義のセ 相関図(キャスト)やあらすじまとめ!ロケ地も調査!

2018年4月11日(水)22時から日本テレビ系で
吉高由里子さん主演の新ドラマ「正義のセ」が始まります。

阿川佐和子さん原作の小説で、原作を読んだことがある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

今回はこの「正義のセ」のキャストや相関図、あらすじ、
ロケ地などについて調べてまとめていきます。

スポンサーリンク


正義のセ ドラマ日程や原作について

2018年4月11日(水)22時から日本テレビ系で
ドラマ「正義のセ」が始まります。

「正義のセ」はシリーズ小説をもとに実写化されることとなりましたが、
この原作を書いているのが、阿川佐和子さん。

阿川さんといえば、エッセイストとして活躍しながら、
昨年放送されたTBS系連ドラ「陸王」では老舗足袋製造会社・正岡あけみ役を演じ、
女優が本業でないにも関わらずその世界観に溶け込むなど、
小説家、タレントなど多岐にわたり活躍しています。

「正義のセ」の原作がこちらです。

正義のセ あらすじまとめ!

正義のセは、検察庁を舞台に新米女性検事が
持ち前の正義感で事件解決に挑みます。
しかし、「事件もの」ではなく同僚や家族に支えられながら、
一歩ずつ成長していく様を「お仕事もの」として描いた
“仕事も恋もあきらめない”女性刑事の痛快ストーリーとなっています。

また、主人公となる新米女性検事・凜々子は、横浜地検に務める2年目の検事で
東京の下町にある豆腐屋の長女、実家で両親と妹との4人暮らしの29歳。
検事といえどもいわゆる”完璧”人間ではなく、融通が利かない性格で、
正義のために声を出し、喜び、笑い、泣き、怒る、人間味あふれるキャラクターです。

恋人から結婚と仕事の選択を迫られたり、父の浮気疑惑が発覚したり、
起訴した被疑者に冤罪の可能性が出てきたりと、
本物の事件や身の回りの騒動を解決していくうちに、検事として、
女性として成長していきます。

スポンサーリンク


正義のセ 相関図やキャスト!

主人公の凜々子を演じるのは、「東京タラレバ娘」で主演を務め、
「ハイボール飲んでうぃ〜」でお馴染みの吉高由里子さんです。

*竹村凜々子;吉高由里子

吉高由里子さん自身も29歳ということで、
等身大の役でどんな演技を見せてくれるのか、
期待が高まりますね。

<横浜地検港南支部>
凜々子と一緒に働く横浜地検港南支部の方をご紹介します。

*相原勉;安田顕

凜々子の検察事務官

*大塚仁志;三浦翔平
凛々子の先輩検事

*木村秀樹;平埜生成
大塚の検察事務官

*徳永太一;塚地武雅
検事。

*榎戸修;夙川アトム
検察事務官。

*梅宮譲;寺脇康文
検事で支部長。凛々子の上司。

<竹村家>
凜々子の家族をご紹介します。


竹村温子;広瀬アリス
凜々子の妹。

竹村芳子;宮崎美子
凜々子の母。


竹村浩市;生瀬勝久
凜々子の父。

そして、凜々子の彼氏役がこの方です。

中牟田優希;大野拓朗
航空会社に勤務していて、凜々子とは4年も交際しています。
何だかお似合いですね♪

大野拓朗さんの記事はこちらにまとめてあります。

[大野拓朗 母親が誰か気になる!イケメンが大学受験失敗で浪人していた!]

正義のセ ロケ地は横浜?

凜々子が務めているのは、横浜地検港南支部です。

調べてみたところ、港南支部というのはないようで、
横浜のどこかだと思います。
また、極寒の中、ロケを行ったそうです。

こんなおしゃれなお店も使われたそうですよ。

おそらく横浜であることは間違いありませんが、
そのほかの場所は、わかり次第掲載していきます。

*追記
スカイツリーも映りましたね。

凜々子の家がスカイツリー周辺だと考えられます。

追記終わり

誰もが共感できるお仕事もののドラマになると思います。
楽しみですね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です