八木かなえ 筋肉(画像)はスゴイけどかわいい!体操から転向した理由は?

重量挙げでリオ五輪6位の八木かなえ選手(25)が25日放送の
「ジャンクSPORTS」に出演し、話題になっています。
八木選手は幼少期から体操をやっていましたが、
重量挙げに転向し、好成績を収める大注目の選手で、
転向したきっかけを番組内で語りました。
また、かわいいのに筋肉はスゴイというギャップに
驚かされましたので、画像とともに紹介していきます。

スポンサーリンク


八木かなえ[画像]筋肉がスゴイけどかわいい!

重量挙げの八木かなえ選手が
「ジャンクSPORTS」に出演し、話題になっています。

まずは簡単にプロフィールをご紹介します。

名前:八木かなえ
生年月日:1992年7月16日(25歳)
出身:兵庫県神戸市
身長:152cm
種目:女子53kg級
大学チーム:金沢学院大学
クラブ:綜合警備保障

競技歴わずか8ヶ月で「アジアユース48kg級」で優勝、
2009年から2011年の「全国高校女子選手権53kg級」では、
優勝を果たし3連覇を達成しています。

大学進学後、初めての公式戦となった「全日本女子学生選手権53kg級」で
大会新記録を樹立し見事優勝を果たし、さらに2012年「全日本選手権53kg級」で
初優勝を果たしロンドンオリンピックの代表に選ばれました。

2013年にはロシア・カザンで開かれたユニバーシアード53kgで優勝し、
初の国際総合競技大会金メダルを手にします。

2015年より綜合警備保障に入社し、その後も実力をつけ、
2016年のリオデジャネイロオリンピックでは6位という結果を出しました。

八木選手の自己記録は、
女子53kg級:スナッチ87kg、クリーン&ジャーク112kg、トータル199kg
です。
持ち上げているのに、この爽やかな笑顔ができるって素敵ですね。
腕の筋肉も素晴らしすぎます!

スポンサーリンク


八木かなえ 体操から転向したきっかけは?

25日の放送では、アメフトやラグビー選手、ボディービルダーなど
怪力自慢のアスリートたちがゲスト出演していました。
そのうちの1人がかわいい八木選手でした。
「いつも大きく見られるけど、このメンバーだったらきゃしゃに見える」
と喜びを口にしてしまうほど、体格の良い選手ばかりでした。

八木選手は、5歳から器械体操を始め、
中学時代は日本ジュニアで2位に入るほどの実力者でしたが、

「中学3年生の高校見学会で初めて重量挙げを見たのがきっかけ。
(バーベルを)上げている姿もそうだし、肉体もかっこいいと思った」

と高校入学とともに、重量挙げに転向しました。
男性はもちろん、女性の鍛え上げられた身体もかっこいいですし、
男性に比べて少ないので目立ちやすいですね。

「戻りたいと考えたことはなかった?」というMC・浜田雅功(54)からの質問に対し、

「体形は戻りたいと思うことがあります。
けど、最近は筋トレ女子ブームが来ているので、
やっと(体を鍛えることの)魅力がみんな分かってきて、
私の時代が来たかなと感じています」

と前向きに語っていました。

高校生から始めて、1年目から大会で優勝を果たすなど、
最初からプロ並みだった八木選手ですが、
見た目がかわいいというそのギャップは、
男性にとっては最高なのではないでしょうか。
可愛らしい八木選手がこんなに筋肉があるとは思ってもいませんでしたし、
想像もつきませんね。

今後のご活躍も応援しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください