小林大介(豊橋)画像あり!犯行動機は?父親をハンマーで殴り海に遺棄!

愛知県豊橋市の不動産業者の男性が2年前から
行方不明になる事件があり、
県警は10日、男性の遺体を遺棄したとして
次男の小林大介容疑者(31)を逮捕しました。
顔画像や犯行動機、事件の経緯をまとめていきます。

スポンサーリンク


小林大介 父親の遺体を海に捨てた!

2016年10月22日夜、小林生治さんが行方不明になりました。
10月31日に妻と長男が県警に捜索願を出し、捜査をしていたところ、
その後去年3月、生治さんの次男が逮捕されました。

逮捕されたのは、

名前:小林大介
年齢:31歳
住所:豊橋市牟呂町公文町
職業:農業

西明治沖坪に住む生治さん(当時63歳)の次男・大介容疑者が
警察による任意の聴取で生治さんの遺体を
「(生治さんの遺体を)ゴムボートを使って海に捨てた」と
三河湾に沈めたことを認めました。

三河海上保安署と合同捜査本部を設置し、大介容疑者が示した遺棄現場付近の
海域を10回以上捜索したものの、遺体は発見できていません。
ただ捜査関係者によると、大介容疑者は海岸まで車で運んだと話していて、
昨夏以降の父子の自宅や車の捜索などで、大介容疑者の供述を裏付ける
複数の証拠が見つかりました。

スポンサーリンク


小林大介 犯行動機は?

調べに対し、小林容疑者は、何も話していないということですが、
逮捕前、警察による任意の聴取に対し、父親の殺害を認めたうえで、
「殺害も遺体の解体も、父の家の敷地でやった」
「遺体を電動のこぎりで2つに切断した」
という趣旨の供述をしていたことが、捜査関係者への取材で新たに分かりました。
知人らによると生治さんは不動産業の前は豊橋市特産の
オオバの農場を経営していましたが、
十数年前に大介容疑者に引き継いだそうで、長男とは別居していたそうです。
知人の1人は
「携帯電話に電話したり、メールを送ったりしたが、全く反応はなかった。
温和な人で、トラブルに巻き込まれるようなことは想像できない」
とも話していました。
また、小林容疑者は「母親に暴力を振るう父親に腹が立った」
などとも供述していたようです。

警察は、まだ見つかっていない遺体の捜索を続けるとともに、
小林容疑者が、生治さんの死亡にも関わったとみて、供述の裏づけを進めています。

小林容疑者の供述から、父親の家に行き、殺害と遺体を解体、
その後、海に捨てて証拠隠滅をしようとしたと考えられます。
犯行動機はなんだったのでしょうか。
父子間でトラブルがあったのでしょうか。
それとも供述通り、暴力的な父親を許せなかったのでしょうか。
最近は親子や夫婦などの間でのトラブルによる
殺人事件が多発しています。
自分の家庭も見直し、トラブルの内容に生活していきたいです。

新しい情報が入り次第追記します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です