小泉元和 顔画像や犯行動機は?JR大正駅トラブルで逃走していた犯人が逮捕!

7日JR大阪環状線の大正駅構内で乗客の男性が刃物で
刺された事件で、逃走していた犯人が逮捕されました。
逮捕されたのは、小泉元和容疑者で、電車内ではよく
トラブルになっているところを目撃されていました。
一体何が不満だったのでしょうか。
犯行動機や顔画像などをまとめていきます。

スポンサーリンク


小泉元和 JR大正駅でトラブル!

7日午前7時前、JR大正駅の階段付近で兵庫県伊丹市の34歳の男性が
男に腹を刃物で刺され重傷を負いました。
駅の防犯カメラには2人がホーム上でもみ合いになる様子が
写っていたことなどから、警察は電車内でトラブルがあったとみて
現場から逃げた男の行方を追っていました。

逃げた男は40代から50代くらいで、身長170センチから175センチ、
上下黒の服装でマスクを付けていました。
その情報や複数の防犯カメラから、小泉容疑者が浮上し、
8日朝に本人から大正署に電話してきたということです。
「ニュースを見て捕まるのは時間の問題だと思った」と
話していたようです。

被害者の男性は「何度か電車内で見かけたことがある」と話しているということで、
警察は8日朝、任意で事情を聴いていて、容疑が固まったため
殺人未遂の疑いで逮捕しました。

スポンサーリンク


小泉元和 顔画像や犯行動機は?

逮捕されたのは、


名前:小泉元和
年齢:62歳
住所:大阪市大正区千島2
職業:警備員

小泉容疑者は、電車内で男性に「足が邪魔だ」と文句を言い
トラブルになりました。
乗り合わせて一部始終を目撃した会社員(55)によると、
男は車内で「立つのに足が邪魔だ」と怒鳴っていたと話していて、
被害男性に因縁をつけていたとみられ、男性は駅に到着した際、
男の胸付近を小突いて先に下車し、男は走って追い掛け、
ホームでもみ合いになったということです。

男は改札に向かう階段手前で、ナイフのような刃物を取り出し、
男性の腹を2~3回刺したようで、
「電車内で以前からトラブルになっていた男性を果物ナイフで刺した」
と容疑を認めています。

会社員は
「いつもこの時間帯に大正駅で下車する。
男は普段から『肩が当たった』などと、よく乗客とトラブルになっていた」
と証言していて、こちらの裏付けも進めています。 

当時、小泉容疑者は夜勤明けで、男性は出勤途中でした。
被害男性は勤務先の同僚に
「1〜2カ月前から出勤途中に因縁をつけてくる男がいる」
と打ち明けていたそうです。

日頃から刃物を持ち歩いていたのでしょうか?
夜勤明けでもしかしたらイライラいていたのかもしれませんが、
人に八つ当たりのようなことをするのは良くないと思いますし、
他人に被害を与えるのは大人としてどうかと思います。
電車通勤の自分は、身近にも起こりうる事件ですので、
気をつけていきたいです。
また新しい情報が入り次第追記いたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください