葛西紀明 嫁はホステスって本当?ヘルメットに隠された秘密!

いよいよ平昌オリンピックが開幕します。
その先陣を切る男子スキージャンプに
出場する葛西紀明さんに注目が集まっています。
嫁はホステスという噂がありますが、
本当なのでしょうか?
子供や、ヘルメットに隠された秘密に迫ります。

スポンサーリンク


葛西紀明 母は火災・妹は難病で亡くす!はじめは妹のためだった!?

平昌オリンピック男子スキージャンプに出場する葛西紀明さん。
なんと出場は8回目だそうで、
まずはプロフィールを見ていきます。

生年月日:1972年6月6日(45歳)
出身地:北海道
最終学歴:北海道・東海大四高(現東海大札幌高)
所属:土屋ホーム
出場種目 男子ラージヒル個人、男子ラージヒル団体、男子ノーマルヒル個人
出場歴 アルベールビル五輪(団体4位)
リレハンメル五輪(団体銀、個人ノーマルヒル5位)
長野五輪(個人ノーマルヒル7位)
ソルトレークシティー五輪
トリノ五輪(団体6位)
バンクーバー五輪(団体5位、個人ラージヒル8位)
ソチ五輪(個人ラージヒル銀、団体銅、個人ノーマルヒル8位)

札幌オリンピックが開催された1972年に下川町で生まれ、
同郷の嶋宏大や岡部孝信らの後を追うように10歳でジャンプを始めました。
すぐに才能を発揮し雪印杯全日本ジャンプ大会ジュニアの部などで優勝を重ね、
中学3年時には宮様スキー大会のテストジャンパーとして成年組と同じ助走距離で
優勝した東昭広さんの飛距離を上回るなど逸材として注目を浴びました。

1989年ノルディックスキー世界選手権には16歳8ヶ月の
日本人男子史上最年少出場するなど、勢いは衰えず、
その後
・アルベールビル五輪(団体4位)
・リレハンメル五輪(団体銀、個人ノーマルヒル5位)
・長野五輪(個人ノーマルヒル7位)
・ソルトレークシティー五輪
・トリノ五輪(団体6位)
・バンクーバー五輪(団体5位、個人ラージヒル8位)
・ソチ五輪(個人ラージヒル銀、団体銅、個人ノーマルヒル8位)

など、オリンピックでは好成績を収めました。

葛西さんは、両親と姉、妹のいる5人家族の長男で、
1997年に母を火災で亡くしました。
妹は1993年に難病の再生不良性貧血になり、一旦臍帯血治療で克服し、
2003年に結婚したものの、2013年に再発してしまいます。
葛西さんは同シーズン中にも2度病院に駆けつけ、ソチオリンピック直前には
妹からLINEで「絶対メダル取れるから何も心配せずに飛んで」と伝えられたそうです。
“妹のために”が葛西さんの口癖で、冬季五輪で金メダルという目標も、
当初は妹を勇気づけるのが目的だったということです。
また自身の心の支えとなった歌としてかぐや姫の「妹」を挙げていました。
しかし治療の甲斐なく、2015年5月には意識不明になり、
2016年1月13日に亡くなってしまいました。

妹想いの優しいお兄さんだったのですね。
やはり家族の力は大きかったようです。
そんな葛西さんは、2014年41歳の時に結婚しました。

スポンサーリンク


葛西紀明 嫁はホステス?子供は?

葛西さんは、ソチ五輪で日本選手団主将でスキージャンプ個人ラージヒル銀、
団体銅メダルを獲得した日に、

「お前しかいない!結婚しよう!」

と国際電話でプロポーズをしていました。

お相手は札幌市在住の当時29歳の一般女性、張磨怜奈(れいな)さんで、
ソチ五輪から帰国後の2月22日に婚姻届を提出しました。
「やったぞー!レイチェルー!!」
と叫んでいたのも印象的ですね。
玲奈さんにはホステスだったという噂がありますが、
以前の仕事はタイ古式マッサージをしていたようですが、
ホステスをしていたという噂はありませんでした。
おそらくガゼだと思います。

お二人の間には、2016年1月30日に子供が誕生し、
名前は璃乃(りの)ちゃんというそうです。
前回のオリンピックから家族が増えた葛西さんですが、
その試合で着用するヘルメットにも変化が見られました。

以前まで着用していたのがこちらのヘルメット。

[出典;葛西紀明公式ブログ]

そして今回着用するのがこちら。

朱雀が一匹から二匹に増えているんです!
そして、目の部分にも秘密が隠されていて…

左右に書かれた朱雀の目がハートになっていて、
中には小さく”R”が刻まれているんです。
これはお嫁さんの玲奈さんと娘さんの璃乃ちゃんのイニシャルが
刻まれていて、娘の力も借りて、悲願の金メダルを狙うということです。

今回の葛西さんは、背負うものが違いますね。
玲奈さんや、璃乃ちゃんのためにかっこいいところを
見せてくれることを期待しています。
今後の活躍を応援しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください