岡村日出義 顔画像や犯行動機は ?ばんたねの医師殺傷事件!

愛知県名古屋市の藤田保健衛生大学・坂文種(ばんぶんたね)報徳會病院の
診療室で男性医師がナイフで刺された事件で、
逃走していた岡村日出義容疑者(68)が逮捕されました。
犯行動機は、何だったのでしょうか。
顔画像や病院の場所などもまとめていきます。

スポンサーリンク


岡村日出義 医師殺傷でばんたね病院の場所は?

25日午後2時5分ごろ、名古屋市中川区の
藤田保健衛生大坂文種報徳会病院の外科診療室に突然、
男が侵入し、男性医師(42)の首をナイフで刺して逃げました。
医師は重傷ですが、命に別条はないということです。

事件の起きた病院がこちらです。

愛知県警は、約1時間半後に自ら110番してきた男の身柄を、
病院から南に約1キロ離れた同市熱田区青池町の路上で確保し、
殺人未遂容疑で逮捕しました。
容疑を認めていて、「ヘリを見て、逃げられないと思った」と
話しているそうです。

スポンサーリンク


岡村日出義 顔画像や経歴は?


当時の様子がこの画像です。

この事件で逮捕されたのが、

名前:岡村日出義
年齢:68歳
住所:名古屋市瑞穂区田光町3
職業:無職

現時点でわかっている情報はこれだけです。
診療室には、犯行に使ったとみられるナイフが落ちていたということです。
病院側は岡村容疑者を”外来の患者”としていたということで、
何らかのトラブルがあったとみられています。

岡村日出義 犯行動機は?

岡村容疑者は、今回の事件について犯行動機を明らかにしていません。
以前、この病院に通院していた際、
“診察の待ち時間が長い”とクレームをつけてトラブルに
なったいうことがあったそうです。

そこから推測するに、
・待ち時間が長くて我慢できなかった
・医師の対応に不満
・手術や治療を失敗された
などが考えられます。

また、ナイフも見つかっていることから、計画的犯行の可能性が高く、
元々この日に殺害しようと思っていたとも考えられます。
詳しい情報が入り次第追記いたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です