登坂淳一アナウンサー 女性問題で文春砲!白髪はカレーのせいだった!?

元NHKで「麿」の愛称で親しまれる登坂淳一アナウンサーの
女性問題が、週刊文春によって報じられました。
登坂アナは2018年4月2日から放送される「プライムニュース」の
メインキャスターを内定されたばかりでした。
また、白髪が増えたと話題になった時期もありましたが、
その原因が少し重い事件だったようです。
今回の文春の内容をまとめていきます。

スポンサーリンク


登坂淳一アナウンサー 女性問題で文春砲!

「麿」の愛称で親しまれる登坂淳一アナウンサーに
文春砲が炸裂しました。
何と、セクハラをしてしまったというのです。
まずは簡単にプロフィールを紹介します。

名前:登坂 淳一
愛称:麿(まろ)
出身地:東京都
生年月日:1971年6月10日(46歳)
最終学歴:法政大学第二経済学部卒業
職歴:NHK(1997年4月〜2018年1月11日)    
活動期間:1997年〜現在
 
法政大学卒業後の1997年4月、NHK入局します。
和歌山放送局を皮切りに、大阪放送局、東京に戻りNHK放送センター・アナウンス室、
札幌、大阪、鹿児島放送局のアナウンサーとして歴任しました。
 
2018月1月11日付で鹿児島放送局を最後に退職し、
同月16日付でホリプロ所属、フリーアナウンサーへ転進しました。
そして、同月15日にフジテレビにて、2018年4月2日から放送される
「プライムニュース」のメインキャスターを内定となりました。
そんな、アナウンサーとして、慕われてきた登坂アナに
文春によって女性問題が発覚しました。

 

事件が起きたのは2011年6月。
札幌放送局に赴任していた登坂アナは、取材のためNHKのある
ローカル局を訪れました。
その番組収録後に行なわれた打ち上げの2次会で、
当時NHKの新人キャスターだった田中知子さん(仮名)は
登坂アナの隣に腰掛けました。
すると、

「席に着くなり、登坂さんは彼女の膝を撫で回すように触ってきたのです。
彼は何杯か飲んでいたけど、酩酊はしていなかったそうです。
田中さんの身体を触りながら、耳元で『一緒に抜け出さない?』と
囁いてきたといいます。彼女は
『初対面なのにベタベタ触ってきて嫌だな。この人は女性を見下しているな』
と感じたそうです。ただどう対応すればいいかわからなかったので、
とりあえずトイレへ逃げた。すると登坂さんが追いかけてきたのです」

と田中さんの知人が証言しました。
そしてトイレ前の廊下で登坂アナは、田中さんに何度もキスを迫り
彼女の「やめてください!」という言葉を無視し、胸た下腹部を触るなど、
行動をエスカレートさせていったと言います。

登坂アナの言動は、後日セクハラ事案としてローカル局を通じ、
札幌放送局に報告されました。
「NHKの局内調査の結果、登坂アナは『大変申し訳ないことをした』と
事実関係を認め、上司から厳重注意の処分を受けています」

とアナウンス室関係者が話していました。

また、田中さんの代理人弁護士は、

「ご指摘の事案については確かにありましたが、
NHKで適正な対応・処分をして頂きました。
過去のことでもありますので、お話をすることは
差し控えさせて頂きたいと考えています」

と回答しています。

スポンサーリンク


登坂淳一 白髪の原因はカレーだった!?

2006年12月、35歳の頃、美容師から髪の傷みを指摘されたことと、
自然体でいこうとき決めたため、それまで使用していた白髪染めを中止します。
それ以降、短期間で急に白髪が増えたように見えたことが、
視聴者に驚きをもって受け止められ、インターネット上で話題になり、
日本国外のメディアでも取り上げられたほどでした。
登坂アナは白髪について、和歌山局在籍中の1998年7月(27歳時)に起こった
「和歌山毒物カレー事件」の取材を担当し、非常に多忙でストレスも感じていて、
自分でも驚くほど増えていったと述べていました。
 
このカレー事件は、1998年7月25日の夕方に和歌山県和歌山市の
園部地区で行われた夏祭りで、提供されたカレーに毒物が混入された事件のことです。
犯人は主婦で、2009年5月18日には、最高裁判所にて死刑が確定した事件でした。

やはり重い事件を担当していたこともあって、
苦労したのですね。
 

登坂アナは、所属事務所の顧問弁護士を通じ、

「NHK在籍時に一切処分は受けておりません。
事実と異なるご指摘があり、大変困惑しております」

とコメントしました。
双方の意見が食い違っているため、
どちらの言っていることが正しいのかわからないですね。
2017年には結婚していたお嫁さんと離婚していますので、
女性問題がないとは言い切れないですね。
また、白髪が増えないといいですが、、、

*1月26日追記

メインキャスターへの起用が発表されていた4月2日からスタートする
フジテレビ系夕方の報道番組「報道・ニュース新番組(仮)」への出演を辞退し、
所属事務所を通してコメントを発表したことを、各メディアが報じました。

「身に覚えのないことも多く、困惑するような内容で
非常に残念ではありますが、大事な新番組に傷をつけることは
本意ではなく、自ら身を引く潔さも大切と思い至るようになりました」

と言及しました。

追記終わり

今後の新しい情報に注目していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください