ウィッティントン[レバンガ北海道] 怪我から復帰!かと思いきや契約解除!

男子プロバスケットボール選手で、「レバンガ北海道」所属の
グレゴリー・ウィッティントン・バーノン容疑者(24)が
大麻取締法違反容疑で逮捕されました。
12月に右膝蓋骨軟骨損傷のため休養していて、
1月に復帰したばかりでした。
経歴や契約解除となった今回の報道についてまとめていきます。

スポンサーリンク


ウィッティントン 怪我からの復帰!

1月23日、アメリカ国籍で札幌市白石区に住むスポーツ選手を、
大麻取締法違反容疑で逮捕しました。

名前:グレゴリー・ウィッティントン・バーノン
年齢:24歳
出身:アメリカ
居住地:札幌市白石区
職業:バスケットボール選手
所属チーム:レバンガ北海道(2017年8月〜)

203センチの高身長を武器に活躍していましたが、
昨年12月に、右膝蓋骨軟骨損傷のため
インジュアリー(故障者)リスト登録されました。
そして、

1月20日(札幌・北海きたえーる)の川崎戦で1カ月半ぶりに出場し、
10得点を挙げています。
そんなウィッティントン選手が逮捕されたのは、
大麻の密輸が原因でした。

ウィッティントン 復帰!そして契約解除!

オールスターにも選出された外国人選手で、好調のチームを支えていた、
グレゴリー・ウィッティントン容疑者は、去年11月下旬、
アメリカから札幌の自宅あてに送られた小包に、
乾燥大麻およそ7.43グラム(末端価格約4万2千円)を隠して密輸した疑いで、
23日北海道厚生局麻薬取締部に逮捕されました。
見つかった大麻の末端価格はおよそ4万5千円で、
小包の中に吸引器などはありませんでした。
麻薬取締部は、ウィッティントン容疑者の認否や入手経路について
明らかにしていませんが、レバンガ北海道は、逮捕を受け、
23日付けで、ウィッティントン容疑者との契約を解除しました。
理由については、「個人的な理由」としています。

レバンガ北海道は24日午後6時ごろ、コメントを発表しました。

 「ウィッティントン選手がこのような事件で逮捕されたことについては、
誠に遺憾なことであり、残念でなりません。
 現在、捜査機関において捜査中であるため、
詳細までは把握できませんが、クラブとしましては、
今後も捜査の推移を見守るとともに情報の確認に努めて参ります。
 応援頂いている関係者の皆様に多大なるご心配を
お掛けしましたことを、心よりお詫び申し上げます」

スポンサーリンク


ウィッティントン 逮捕でツイッターでは悲しみの声多数!

復帰したばかりで、これからの活躍を楽しみにしていた方も
多くいらっしゃったと思いますが、自分の手で将来の可能性を
失ってしまったのは、とても勿体無いなと思います。
スポーツに限らず、歳を重ねるにつれ動きも鈍くなりますので、
若いうちにできることを全力で誠実に取り組み、
“今が一番若い”という言葉もあるように、明日より今日の方が若いので、
自分に喝を入れていかなければいけないなと感じています。
ウィッティントン選手は、プロバスケット選手という肩書きを捨ててまで、
大麻に手を染めてしまった本当の理由は何なのか。
新しい情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください