横浜市金沢区 夫婦喧嘩の仲裁に入り父親殺害!犯行動機や家族構成は?

神奈川県横浜市金沢区の自宅マンションで、父親(44)を殺害したとして、
高校2年生の少年(18)を殺人容疑で緊急逮捕しました。
未成年の犯行ということで、名前や顔画像などは公開されていませんが、
犯行現場であるマンションの場所や、犯行動機など、
現在わかっている情報をまとめていきます。

スポンサーリンク


神奈川県横浜市金沢区で殺人事件!きっかけは夫婦喧嘩!

20日午後7時40分頃、横浜市金沢区の自宅マンションの居間で、
会社員の父親(44)の胸などを包丁(刃渡り約20cm)で複数回刺し、
殺害したとして、高校2年生の少年(18)を緊急逮捕しました。
父親は病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。

当時リビングでは、父親と母親が口論していて、
少年は止めようとしましたが、父親の力が強くて止められず、
台所にあった包丁を持ち出したということです。

犯行現場となったマンションはこちらです。

スポンサーリンク


横浜 父親殺害の犯行動機は?

少年は両親、妹、弟との5人暮らしです。
犯行動機について、
「殺さないと、母や兄弟が暴力を振るわれると思った」
と供述し、容疑を認めました。
しかし、殺意はなかったということです。

また、「父親は以前から母親に暴力を振るっていた」
などと話し、今回だけではなかったようです。
口喧嘩だけでなく、暴力まで振るっていたとなると、
DVで離婚なども考えた方が身のためだったのではないでしょうか?

暴力だけでも人の命を奪えるくらいなので、
“正当防衛”と言ってしまえば、それまでだと思います。
しかし、その言葉がどこまで通用するのかわかりませんが、
刃物を持ち出した時点で、よくなかったのではと感じました。

母親や妹弟は、まさかこんなことになるとは思ってもいなかったと
思いますし、今後も父親の話題が上がるたびに
思い出してしまうと考えると、不憫でなりません。
新しい情報が入り次第追記いたしますが、
容疑者が未成年のため、個人の情報が出ましても、
こちらへの記載は控えさせていただきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です