小室哲哉 記者会見[動画]内容全文まとめ!”引き時”はいつなのか⁉︎

18日発売の「週刊文春」で、小室哲哉さんが
シングルマザーで看護師のA子さんと腕を組んだ
ツーショット写真とホテルでの密会が報じられました。
小室さんは文春のインタビューで不倫を否定し、
19日に記者会見をすることを明かしました。
その内容を画像・動画とともに全文をお届けします。

スポンサーリンク


小室哲哉 不倫報道を否定!

18日に報じられた小室哲哉さんの不倫報道。
本人は文春のインタビューに応じ、

「誤解を招く甘い言動が多々ありました。
本当に申し訳ないと思っています。
男女の関係っていろんな言い方がありますけど、
僕は病人と看護師さんの関係だと思っています」

と不倫関係を否定していました。

所属事務所はファクスで
「弊社としましては、プライベートの事は本人に任せております。

また、本人が記事について否定しておりますので、
本人の発言を信用して対応致します。
近日中に本人の記者発表を実施いたします」

ということで18日、19日午後に会見を行うと発表しました。

不倫報道に関してはこちらでまとめてあります。
[小室哲哉 KEIKOの病気療養中に不倫疑惑!文春砲(画像)で記者会見の内容は!?]

芸能プロ関係者は今回の報道に対し、

「数年前にも2人の仲が噂になったことがあった。
その時には『誤解されるから気を付けた方がいい』と
忠告する人もいたが、今も2人で会っていた」

ワイドショー関係者は、

「文春のインタビューでは不倫を否定したかと思えば、
あやふやな説明も見受けられます。
間違いなくそこを突っ込まれるでしょう。
また完全否定すると、今度は文春が”第2砲”を発射する可能性もあり、
小室にとって危険な賭けと言わざるを得ないですね」

と話し、墓穴を掘る行為になったとしても、何とか釈明し
印象を良くしたいと小室さんが考えているという憶測が飛び交いました。

また、

「(小室は)今年11月の誕生日で60歳になります。“還暦イヤー”を
ド派手に飾るべく、大きなプロジェクトが動いていたという話もある。
本人が否定したとはいえ、やはりイメージダウンしてしまったことは間違いなく、
今後の活動に何かしらの悪影響が出る恐れはあります」

と話していました。
文春に対して、引退を示唆するコメントまで残した小室さん。
この報道で会見を開き、今後の活動が円滑に進むといいですが、
会見はどうなるのでしょうか。
人生をかけたこの大勝負、吉と出るかそれとも・・・

小室哲哉 不倫報道で記者会見!内容を動画とともにお届け!

小室哲哉さんが週刊文春の不倫報道に関して、記者会見を開きました。
自らの仕事について語る際、小室さんは言葉を詰まらせながら

「もっと稼働率のいい作曲家の方たちもいるわけで、
まあほんとにそろそろ歳なのかなと思ってますので、
引き……時なのかなと思い始めています」

と引退を示唆していました。
その中での会見ですが、引退はいつになるのでしょうか。
会見内容をまとめていきます。

ブラックのスーツに身を包み5分以上遅れて登場した小室さん。

「今回の報道で妻のKEIKO、家族、ファンの皆様、
スタッフの皆様、いろいろな方にご心配、
お相手の方にもご迷惑おかけしたこと、お詫び致します」

と謝罪しました。
さらに騒動の責任をとる形で

「僕なりのけじめとして引退を決意しました」

と突然の引退を発表しました。
急遽開かれた会見には、約150人、ムービー13台、
スチル74台といった多くの報道陣が集結し、
会見は、1時間40分弱にも及びました。
小室さんは

「言動が支離滅裂になっては申し訳ないので、昨晩作ってきました」

と紙を取り出し、約50分思いを語り続けました。

小室さんは2010年の詐欺事件のことから妻・KEIKO(45)の結婚、
病気、介護、などから語り始めました。

「大人の女性としての会話のコミュニケーションが日に日にできなくなって、
かわいそうな気持ちもあったけど、そこを諦めてはいけないことが、
精神的なサポートというのは、重々承知していた」
「3年ほど前から疲れ始めてきたことはあったと思います」

と話しました。

そんな中、自身が2016年に患ったC型肝炎や
現在も闘病中で原因不明の左耳の突発性難聴についても説明し、
C型肝炎での入院した際にA子さんと知り合い、その後は自宅や、
出先での急な診察も依頼するようになったということです。

A子さんのことを
「仲の良い信頼できる看護師さん。
男女の関係ではない、全くありません」
ときっぱり否定しましたが、誤解を招いたことについては、陳謝しました。

今回の一連の騒動を受け

「僕から音楽の道を退くことが、私の罪であると思いました。」

と話し、引退を決意したことを説明しました。
携わっている複数のプロジェクトに関しては責任は果たしたいことを話し、
不快に思う方の目にかからないよう、全うしていくということです。

「自発的な音楽活動は本日をもって終了させて頂きます。
35年近く、本当にありがとうございました。心から感謝します」

と突然の引退となりました。

記者会見の動画がこちらです。

「勝手な苦渋の決断ではあります。
ただ今回、ご迷惑おかけして、僕なりの償いはこれが精一杯。
これからどれだけ生活水準が下がったりするかは計り知れない。
しかし皆さんに注目して頂けるのは、
きょうが最後なのかもしれないと思います。
実直に受け入れようと思います」。

今後についてはKEIKOのことも含めて考えていきたいと話し、
最後には笑顔も見せ、会場を後にしました。

まさかの引退発表でしたね。
介護は周囲が思う以上に辛く大変なもので、
1人では抱えきれないこともたくさんあったと思います。
ネットでは、

という声も上がっていました。
小室さんは、KEIKOの介護をしながら、自身も体調を崩し、
このような報道を流されてしまったことは不憫でなりません。
今回の報道で文春にも批判が殺到していました。

スポンサーリンク


小室哲哉 記者会見で引退発表!文春に批判殺到!

お笑いタレントのエハラマサヒロさんは今回の騒動を受け、ツイッターで

「小室哲哉さん引退て…税金で生活してるんじゃないし
一生モノ作りしてくれた方がみんな有り難いのに…
もう不倫報道ええやろ。
誰にも迷惑かけてない事は放っておきなさいよ!!
 雑誌がまた一人の天才を殺しました」

と報道姿勢を痛烈に批判しました。

また、このように#(ハッシュタグ)をつけてツイートしている方もいて、
文春のことを批判していました。
小室さんは今までの活躍が多かっただけに、ファンも多く、
怒りや悲しみが広がっています。
今まで一生懸命介護、自身の闘病、音楽制作などを努めてきたのに
全て文春によってかき乱されてしまい、
1時間22分のところの35年間の音楽生活で1番うれしかったこと、
つらかったことに対しての質問で、
1番辛い日は”今日です”と答えた時には涙が出そうになりました。

今後の動きに注目していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です