有安杏果 ぼっちで話し合いの内容は?ココロノオトでソロ本格始動か⁉︎

人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の
有安杏果さん(22)が15日、今月21日のライブをもって
グループを卒業することを自身のブログで発表しました。
卒業と同時に、所属事務所やレコード会社との契約も終了し、
今後の活動は未定だそうです。
有安さんには以前からぼっち疑惑がありましたが、
卒業と何か関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク


有安杏果 ももクロ卒業!

ももいろクローバーZの緑担当・有安杏果さんが
1月21日のライブを最後に卒業することが発表されました。
有安さんのプロフィールを見ていきます。

1995年3月15日埼玉県生まれで、0歳の時に雑誌の赤ちゃんモデルで
芸能活動を始め、まもなくキャロットに所属しました。
小学生時代は、人気番組「ポンキッキーズ2」にレギュラー出演したり、
特待生としてEXPGに入学するなど、幼少期から活躍していました。
また、幼い頃から無理な発声法で大声を出し歌い続けていたことが原因で
小学6年生の時には、喉の声帯結節の手術を受けています。

そして、2009年7月26日の「スタ☆フェスVol.006」で、
ももいろクローバーのメンバーに加入しました。
2011年4月にはブルー担当の早見あかりがソロ転向のため脱退し、
グループ名は「ももいろクローバーZ」となりました。
その後も残った5人で横浜アリーナや日本武道館でのライブを成功させ、
2012年NHK紅白歌合戦へ初出場し、
大きなステップアップを遂げたももクロでしたが、
有安さんは心の中でも大きな変化があったのだそうです。

有安杏果 ぼっちで話し合いの内容は?

有安さんは以前仲間はずれでぼっち疑惑が浮上していました。
こちらの画像をご覧ください。

なんだかいつも一人ぼっちという印象や、
盛り上がっている輪に入れず遠目で見ている感じがありますね。
有安さんの中で変化があったのは、2012年6月ツアーの米子大会の夜で、
有安さんとメンバーは2時間ほど話し合いの時間を持ち、
互いの気持ちをぶつけ合ったそうです。

「私、それまでメンバーとの間に微妙な壁を作ってたんですよ。
それをみんなに指摘されたんですよ」
「私からすると、別世界に見えたんですよ。みんなオンもオフもないじゃないですか? 
楽屋でキャッキャッ騒いだまま、ステージに向かっていく、みたいな。
それを見て『あっ、私はこのノリは苦手かも』って、決めつけちゃったんですよね、
最初に。だったら、楽屋では一歩、引いておこうって」

しかし、自分が変わらなければいけないと思った有安さんは、

「実際にみんなの輪の中に入ってみたら、全然、違った!。
自分でできないって決めつけていただけで、本当に楽しいんだって」

と気づいたそうです。
そこからは今までのわだかまりも解け、仲良く活動していました。
有安さんへの愛を感じたのは、
2015年の紅白歌合戦の本番前日に有安さんがインフルエンザを発症し、
1人出場辞退となってしまった際、着るはずであった緑の衣装を切り分け、
出場するメンバー衣装にその一部として縫い付けられました。

全員が緑のネイルアートをして出場し、フォーメーションを変えず
1人分のポジションを空けたままパフォーマンスをしました。
リーダーの百田夏菜子さんは曲終わりに、「次は5人で!」と叫んでいて、
メンバーの愛が伝わってきましたね。

スポンサーリンク


有安杏果 卒業ごはソロとして本格始動か!?

有安さんはももクロで活動しながら、2016年には自身初となるソロライブ
「ココロノセンリツ 〜Feel a heartbeat〜 Vol.0」を
横浜アリーナにて1万人規模で開催しました。
それとともに、自身が楽曲制作に携わったミニアルバム
「ココロノセンリツ♪feel a heartbeat」をリリースしました。

2017年10月20日には、日本武道館での単独公演も実現し、
歌声と共にエレキギターやアコースティックギター、キーボード、
ドラムの演奏を披露し、大成功に終わりました。

また、ほぼ全ての持ち歌を収録した1stアルバム「ココロノオト」を発売し、
オリコン週間3位を獲得、ミュージックマガジン
「2017年間ベストアルバムJポップ/歌謡曲」で8位に入選するなど、
ソロとしても大活躍となりました。

まだまだこれから期待されるアイドルでしたが、
2018年1月15日に突然、自身のブログで21日のライブを最後に
グループを引退することを発表しました。

所属事務所との契約も終了することとなり、
芸能界からの引退については現段階では不明です。

所属事務所は公式サイトで

「本人の”普通の女の子の生活を送りたい”という想いを尊重し、
同日、弊社との専属マネジメント契約も終了することといたしました」

と報告しました。

有安さんは、メディアに出演した際、今後の活動はまだ未定で、
家事から勉強したいと普通の女の子に戻ることを強調していました。
そしてこの卒業発表を受け、
AKBの松井珠理奈さんもツイートしていました。

有安さんはソロとして、単独公演を行ったり、
自身で作詞作曲もできるので、今後はソロに転向して
活動される可能性もあるのかなと思います。
22歳で生まれてからずっと芸能界にいると、自由は無くなりますし、
少し解放されたかったのかもしれませんね。
歌っている姿はとっても楽しそうでしたので、
すぐに歌手として活躍してくれたらいいなと思います。
今後の動きに目が離せませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください