カルロストシキ 現在はにんにく王に転身!ライブツアー日程も発表!

水野真紀さんが爆報THEフライデーで、
カルロストシキさんの魅力についてお話しされるようです。
浅野ゆう子さんが結婚されて、メディアで放送されるたびに流れていた
「アクアマリンのままでいて」を歌っているシンガーソングライターです。
そんなカルロスさんは現在にんにく王として農業をやっているそうです。
また、来日予定もツイッターにのっていましたので、まとめていきます。

スポンサーリンク


カルロストシキ プロフィール!

出生名:カルロス・トシキ・タカハシ
本名:高橋 カルロス 敏樹
別名:CARLOS・鷹橋 敏輝
生年月日:1964年4月7日(53歳)
出身地ブラジルパラナ州マリンガ
職業:シンガーソングライター
活動期間:1986年〜

 
1982年に来日し、CARLOS名義でソロのシングル盤「ルシア」でデビューし、
1986年の杉山清貴&オメガトライブ解散後、
1986オメガトライブのリードボーカルとしてデビューを果たします。
バンドデビュー後は「君は1000%」などのヒット曲を次々とリリースし、
1988年、バンド名は「カルロス・トシキ&オメガトライブ」に改称しました。


 

1995年に「鷹橋敏輝」へ改名しソロとして活動始めましたが、
椎間板ヘルニアを患い、静養のために帰国し音楽活動を休止しました。
その後は両親のレストランで手伝いをしていました。
2010年、番組ではブラジルの品種改良会社「テクノ・プランタ」の
責任者であることが明かされました。
そして、現在はにんにくを育てているそうです。

カルロストシキ 現在の仕事は?にんにく王に俺はなる!

40歳を過ぎてから、ブラジルに日本の野菜の種を下ろす話を聞き、
面白そうだと思い農業の道へ進みます。
 
特に、ブラジル料理に欠かせないニンニクに力を入れ、
種苗会社に勤務しながら、47歳でブラジルの国立大学に入学し、
バイオテクノロジーを学び、ニンニクの種苗の開発を研究しました。
 
その結果、おいしいニンニクの開発に成功し、
今ではブラジル国内のニンニクのシェア100%の企業に成長させ、
現地の雑誌に「ブラジルで最も偉大なニンニク・スペシャリストの一人」と
特集されるまでになったようです。


 

毎年、お客様の農家を回って販売したニンニクの種の状態を
確認しているようです。
アフターケアも完璧ですね。
歌手と農家という職業はかけ離れていますが、
“面白そう”という考えでここまで夢中になれるとはすごいですね。

スポンサーリンク


カルロストシキ デビュー31周年!ライブツアー日程まとめ!

1988年、カルロス・トシキ&オメガトライブに改名後、
W浅野主演のトレンディ・ドラマ「抱きしめたい」の
主題歌「アクアマリンのままでいて」が大ヒットしました。
その関係で、浅野ゆう子さんの結婚報道の際に流れていたため、
話題になっていました。

 
ツイッターでは喜びの声が上がっていました。

 
その曲がこちら。


 

ファンの方は浅野ゆう子さんの結婚もおめでたいことですが、
BGMに耳がいってしまいますね。
何だか心が和む歌声だなと思います。
そんなファンのために、、、

カルロスさんは2017年で、デビュー31周年を迎え、
2017年2月から3月にかけて、横浜公演を皮切りに、東京や横浜、名古屋、
大阪、福岡を巡るデビュー30周年記念ライブ・全国ツアーを行なっています。
そして、2018年にもファンからの声で再来日し、ツアーを敢行するそうです。

その日程がこちら↓

ファンからしたらとっても嬉しいことですね。
現在も歌い続け、そして全く別の”農業”という職業で
全うしていてかっこいいなと思います。
これからのますますのご活躍をお祈りいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください