中村正勝 顔画像や犯行動機は?京都市伏見区の通り魔犯人が出頭!

31日午後3時ごろに京都市伏見区で男性2人が
被害にあった事件で、犯人と思われる男性が出頭しました。
中村正勝容疑者(50)は容疑を認めています。
一体何があったのか。犯行動機や顔画像など
まとめていきます。

スポンサーリンク


中村正勝 顔画像は?京都市伏見区で通り魔事件!

31日午後3時ごろ、京都市伏見区の路上で通り魔と思われる
事件が発生し、逃走していた犯人が出頭しました。

名前:中村正勝
年齢:50歳
住所:京都市伏見区
職業:

中村容疑者は、「刃物で人を刺した」と容疑を認めているということです。

事件が起きた場所はこちらです。

この事件で被害に遭われた大津市木戸・猪飼将希さん(27)が
血を流して倒れていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。
猪飼さんは刃物のようなもので右胸1カ所を正面から刺された状態でした。
同市の男性(45)も左腕を切られるなどして重傷を負っています。
2人を刺した男は現場から徒歩で逃走し、
数時間後、大阪府警四條畷署に、逃走したとみられる男が出頭し、
伏見署が男性に対する殺人未遂容疑で緊急逮捕したということです。

中村正勝 犯行動機は?親族間のトラブルが原因か!?

同署の説明では、猪飼さんと男性は、知人など少なくとも
計6人で現場を訪れていて、知人らは
「(中村容疑者と)人間関係でもめていた。皆で話し合うために来た。
猪飼さんと男性は車を降りた直後、刺されるなどした」
と中村容疑者は男性らと面識があり、現場前のマンションに住んでいてという
情報もあります。
男性の親族女性と中村容疑者が交際を巡ってトラブルになって
いたということで、詳しい原因を調べています。
また、現場付近にはバンパーが破損した滋賀ナンバーのワゴン車が停車していて、
猪飼さんらが乗ってきたとみられ、事件当時「降りろ」などの
口論の声を聞いた目撃者もいました。
 

他の目撃者の情報によりますと、

「怒鳴り声がしたので外に出ると、
(中村容疑者とみられる)男が放心状態で震えながら立っていた。
ワゴン車が周囲の家の壁にぶつかりながら蛇行運転していて、怖かった」
「クラクションの音が鳴りっぱなしだったので外を見ると、人が倒れていた。
女の人が『刺されるから出てきたらあかん』と大声で叫んでいて、
近くに刃物を持った男がいて、走って逃げた」

と話していました。

また住民の女性(68)は、玄関から出た時に刃物を持った男の姿を見て
事件だと気づき、家の中に逃げ戻り、かぎを掛けたと言います。
2階から様子をうかがっていると、被害者の車から降りてきた女性が
「(止血用の)タオルをください」と訴えているのを聞き、タオルを手に再び外へ出ると、
「女性が『子どもがいる』と言ったので、一緒にいた幼い女児2人を抱えて
家の中に入るよう、主人と娘に言った」ということで、
女児たちは抱きかかえられ、近くの新聞販売店と民家に逃げ込んだそうです。

大晦日の日にこんなに悲惨な事件が起きてしまい、
話し合えば解決する内容だったのではと思うと、
容疑者に怒りが湧いてきます。
猪狩さんのご遺族の方は本当に悲しい思いをされたと思います。
ご冥福をお祈りします。

*追記

中村容疑者は「相手の命はどうなってもいいと思って刺した」と
話していて警察は動機などを調べています。
重症の男性(45)の娘(21)と職場の元同僚で、
人間関係のトラブルがあったとみられています。

追記終わり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください