日経本社火災の身元は水野辰亮と判明!元専売店所長だった!

今月21日に起きた日本経済新聞本社ビルのトイレから
発生した火事で、男性の身元が判明しました。
西東京市芝久保の無職・水野辰亮(よしあき)さん(56)でした。
日本経済新聞社によると、元専売店の所長だったということで、
経歴などまとめます。

スポンサーリンク


日経新聞本社で火事!

12月21日午前10時50分ごろ、
日本経済新聞東京本社のビルで、
火災が発生しました。

場所はこちらです。

東京都千代田区大手町にあり、
東京メトロ千代田線大手町駅から
北西に約200メートルのオフィス街にあります。

このビルの2階男子トイレから出火し、30平方メートルを焼きました。
目撃者の清掃員の話によると、トイレから「ボンっ」と爆発音がし、
同時に個室内から火の手が上がったそうです。
ビルはこのように黒く焦げています。

そして、この火事によって男性1人が意識不明の状態で見つかり、
病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。
遺体は損傷が激しく、身元がわかる所持品などは
見つかっていませんでしたが、28日にこの男性の身元が判明しました。

スポンサーリンク


日経新聞本社ビル火災 身元判明!水野辰亮って誰?

日経新聞本社ビルで火災が発生し、発見された男性は
西東京市芝久保の無職・水野辰亮(よしあき)さん56歳でした。
防犯カメラには水野さんがコートを着て、
ビルの外から入ってくる様子が映し出されていました。

捜査関係者への取材で、現場から油の反応が出ていたことが
分っていて、遺書は見つかっていないものの、
自殺の可能性が高いということです。
日本経済新聞社によると、先月上旬に本人から「廃業したい」との
申し出があった話していてます。
また、11月上旬までは練馬区内の同社専売店で所長を務めていて、
同社広報室は「目立ったトラブルはなかった」と説明しています。

詳しい動機についてはまだわかっていません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です