桂文枝 浮気相手[画像]は夏目恵美子?3股疑惑浮上で離婚の危機か!?

落語家の桂文枝師匠に約8年間交際していた
愛人がいることが、週刊新潮によって報じられました。
2016年には、演歌歌手の紫艶(しえん)さんとの不倫も
報じられたばかりでした。
週刊新潮の内容を画像とともにまとめていきます。

スポンサーリンク


桂文枝 浮気相手は夏目恵美子!?

落語家の桂文枝師匠(74)の愛人の存在が明らかになりました。
お相手は夏目恵美子さん(仮名)

[出典;デイリー新潮]

お二人は、2008年の大阪の演芸場「天満天神繁昌亭」で出会いました。
恵美子さんが繁昌亭の横にある喫茶コーナーにいた時に、
文枝師匠が現れて一緒に写真を撮ってくれて、
それをメールで送ってもらったそうです。
この時に連絡先も手に入れたのだと思います。

そして、そのお礼を言うために再び繁昌亭を訪れると、
文枝師匠の部屋(会長室)に通さたということです。
やがて文枝師匠が恵美子さんの家を訪れるほどの
仲にまで発展し、男女の仲になった2人。

恵美子さんの証言によると、

「文枝さんがやって来るとマッサージしてあげて、
添い寝をしてキスをするんです。
この頃から彼は“将来は一緒に住んで、俺の介護をしてほしい”
と言うようになっていました。
“最期ぐらいは恵美子がいいんだ”とも話してくれて、
私も夢見心地になっていました」

恵美子さんを寂しがらせないように、師匠は一日3回の電話、
写真付きのメールも送り、なかには電話でこんなやりとりもしていました。

こんな恋人のような会話をしていますが、
恵美子さんは”無料で遊べる愛人”だったと目を覚まします。

文枝師匠が彼女のことをどう思っていたのか、
高座を終えて出てきたところを直撃すると、

「知らん……」

と言うばかりで何も答えてくれなかったそうです。

スポンサーリンク


桂文枝 3股疑惑浮上!離婚の危機か?

文枝師匠は、2016年に週刊誌「フライデー」で
演歌歌手・紫艶さん(38)との20年間にわたる
不倫関係を報じられていました。

文枝師匠本人は
「娘という感じで応援した。10年か12年かくらい会ってなかった」
と話していましたが、男女関係にあったとしか思えない写真やLINEなど
証拠の数々が伝えられ、紫艶さんに「(文枝と)最後に会ったのは2カ月前」と、
つい最近まで交際していたことを明かされてしまいました。
また紫艶さんは、取材に応じ「(文枝は)父であり恋人」と話しました。
 

当時文枝師匠は、この報道を受け
「正直、家庭の危機を抱えているのは現実ですし、
嫁さんにこれ以上苦労かけられへんなあと。
嫁さんがそういうこと(離婚)を言うてきたら仕方ないと思います。
どこか神社で厄払いでもして、家内安全をお願いしようと思ってます」
と”熟年離婚”の可能性も示唆していました。

この報道があった3ヶ月後の主催落語会「たったひとり会」の開催会見では
熟年離婚について「大丈夫でございます」と修復したことを明かしていました。

今回は紫艶さんと20年間の不倫関係の上に、
夏目さんと8年間ということで、3股の時期があったと考えられます。
こんなことでは、紫艶さんのことで許してもらえても、
今回の不倫疑惑が離婚に拍車を掛けるのではないでしょうか。
文枝師匠は、74歳ですのでいま離婚してしまっては、
残りの人生を1人で歩まなくてはいけなくなります。
“リアルたった1人会”にならないように奥さんと話し合って、
しっかりと反省してほしいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です