松本匠吾[画像]大倉敏弥の顔も判明!筒井麻衣の頼みで暴行か?

クリスマスイブに寝屋川市で虐待を受け亡くなった筒井歩夢君。
この事件で、母親・麻衣容疑者と、その交際相手・松本匠吾容疑者、
その友人の大倉敏弥容疑者が逮捕されました。
全員の顔が判明したので、画像を掲載します。
男性2人は麻衣容疑者の頼みで暴行していたようです。

スポンサーリンク


松本匠吾・大倉敏弥 顔画像判明!

筒井歩夢君に暴行し命を奪ったとして、
母親とその交際相手、友人が逮捕されました。

・母親
名前:筒井麻衣

年齢:26歳
職業:無職

・内縁の夫
名前:松本匠吾

年齢:24歳
職業:無職

・松本容疑者の友人
名前:大倉敏弥

年齢:20歳
職業:無職

事件があったのは、箕面市粟生間谷西
(大阪モノレール豊川駅の北西約2キロ)
の住宅街にあるUR都市機構の集合住宅の8階です。
場所はこちらです。

25日午前2時10分ごろ、「長男が息をしていない」と
母親から警察に通報があり、現場に駆けつけると
長男の筒井歩夢君がベットの上で意識不明の状態で見つかり、
病院に運ばれましたが亡くなったということです。

スポンサーリンク


松本匠吾・大倉敏弥 筒井麻衣の頼みで暴行していた!?

今回の事件で、筒井麻衣容疑者は
「以前殴ったことはあるが、今回は暴力はふるっていない」
と供述していて、他の2人は
「しつけと称して普段から殴ることがあった。死ぬかもしれないと思った」
と話しています。

この家では歩夢君と2歳の次男、26歳の母親の3人のほかに、
松本容疑者とその友人の大倉容疑者の5人が同居していました。

死亡前日の24日には、松本容疑者らに歩夢ちゃんが暴行される様子が
マンションのエレベーターの防犯カメラに映っていたということです。
同居する次男(2)にも複数のあざが確認されています。

両容疑者が主に暴行していたとしていたと見られ、
「麻衣容疑者から『しつけのためだからたたいて』と頼まれ、何度も暴行した」
と供述しました。

近所の方の話によると、
「お母さんにあまりかまってもらえず、弟と2人で遊んでいました。
(筒井容疑者は)ずっと携帯電話をさわって子どもたちのことは見ていなかった。
夜とかにすごく怒鳴って怒っていた」と話していました。

また、歩夢君と次男は今年5月から箕面市内の保育所に通っていましたが、
松本容疑者らが同居を始めた数日後とみられる11月17日以降、
保育所をほとんど休んでいたということです。

26日捜査関係者の取材で、暴行によるとみられるあざは
全身に広がっていて、50箇所以上のところのあざが確認され、
時間が経過したものと新しいものが交じっていたことから、
3人はほぼ連日暴行を加えていたということがわかりました。

特に顔と腹部が激しく、死因は腹腔内(ふくくうない)出血でした。
歩夢君の画像も掲載します。

可愛いですね。
こんなに可愛いくて元気そうな子がたった4年で
亡くなってしまうなんて悲しいです。

またFacebookも4つくらいありましたが、
こちらの投稿には「歩夢」くんの名前があります。

これは3年前なので、まだ1歳の頃、入院という短い期間でも
離れるのが嫌だと言っていたのに、
なぜこんなことになってしまったのでしょうか。
また、この少し前には「元彼とよりを戻した」という投稿もあり、
なんだか流れがつかめませんね。

お二人は虐待について、筒井容疑者の頼みと言っていましたが、
あくまでも他人の子供なのに、よく手を出せたなと思います。
クリスマスできっとプレゼントなどを楽しみに
ワクワクしていたと思いますが、
このようなことになって可哀想ですし、
もう歩夢君の笑顔を見ることもできません。
2度と取り返しのつかないことをした麻衣容疑者には
十分に罪を償って、残された次男に歩夢君の分の
愛情も注いで育てて行ってほしいです。

歩夢君のご冥福をお祈りします。

*追記
松本容疑者ら3人は、昨年12月24日午後5時25分ごろから
翌25日午前2時10分ごろの間に、現場の部屋で
歩夢ちゃんの腹部に強い衝撃を与え、
内出血で死なせたとされています。

事件当日はクリスマスイブで、歩夢ちゃんと3人は自宅で
祖父にもらったクリスマスケーキなどを食べていましたが
「歩夢ちゃんが食事をこぼしたから暴行を始めた」と
供述していることがわかりました。
歩夢ちゃんは翌日未明まで約9時間にもわたって
断続的に暴行を受けていたとみられます。

また「普段から教育と称して暴力を振るっていた」とも供述していて、
歩夢ちゃんの両腕を持って宙づりにした状態で
腹部を殴るなど、激しい暴力を振るっていたことも
新たに判明しました。

歩夢くんはわざと食事をこぼしたわけではないのに、
このような暴行事件になってしまって悲しいです。
元気に生きているだけでありがとうという気持ちを持っていれば、
今回のようにはならなかったと思いますし、
大人ならまだしも子供にいろいろなことを求め過ぎだったのではと
感じました。

追記終わり

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください