柿元泰孝・由加里 大阪府寝屋川市で長女を監禁!精神疾患が原因?

大阪府寝屋川市の民家で柿元愛里さんが
亡くなっているのが発見されました。
この女性が両親に長時間監禁されていたとみられ、
父親の泰孝容疑者と母親の由加里容疑者が逮捕されました。
愛里さんは精神疾患があったということで、
原因や両親の顔画像など調べてみました。

スポンサーリンク


柿元泰孝・由加里容疑者が長女を監禁!

大阪府寝屋川市の民家で33歳の柿元愛里さんが
亡くなっているのが見つかりました。
発見された場所はこちらです。

赤枠内のどこかですが、詳細がわかり次第訂正します。

府警への取材で、この女性が両親に長期間監禁されていたと
みられることが25日分かりました。

死因は凍死で、監禁が死亡につながった可能性もあるとみて、
23日に死体遺棄容疑で

父親:柿元泰孝(会社員)・55歳
母親:柿元由加里・53歳

を逮捕し、詳しい経緯を聴いているということです。

柿元泰孝・由加里容疑者 監禁理由は精神疾患が原因か?

愛里さんは2人の長女で、死因は低栄養などによる凍死と判明しました。
2人は

「長女には精神疾患があり、16、7歳から自宅の一室に監禁して療養していた」

と供述し、監禁していたことを認めています。

愛里さんは発見された当時、
・目立った外傷はなかった
・身長145センチ
・体重は19キロしかなく衰弱していた

監禁部屋は
・約2畳
・布団と簡易トイレがある
・外から二重扉で施錠
・タンクからチューブを伸ばし水分を取らせる

など、自分の家族にしていることとは思えないほどの行動で、
正直引いてしまいました。
また、両親は18日の朝、動かなくなっている愛里さんに気付いたそうですが、
5日間放置し、23日になって同署へ届け出たということです。 

愛里さんは16年間くらい監禁されていたことになりますが、
体重が19キロになるまでに、見た目に変化が現れたと思います。
なぜそのまま監禁を続けてしまったのでしょうか。
自分の大事な娘が精神疾患だからといって、なぜ助けてあげたり、
一緒に乗り越えていってあげなかったのでしょうか。
そうゆう判断になった理由が知りたいです。
胸が締め付けられる思いで、自分がもし愛里さんの立場だったら、
孤独で、栄養も与えてくれなくて寂しかったと思います。

また詳しい情報が入りましたら追記いたします。

[関連記事] 柿元愛里 顔画像!寝屋川市で両親に監禁され孤独死!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください