古尾谷雅人 死因や嫁・鹿沼絵里の現在!多額な借金に追われる⁉︎

12月15日放送の「爆報THEフライデー」に俳優・古尾谷雅人さんの
嫁・鹿沼絵里さんが出演します。
古尾谷さんの死因は自殺ということで、鹿沼さんは現在
介護の現場で働き、多額の借金を返済しているそうです。

スポンサーリンク


古尾谷雅人 死因は?残された嫁の現在は?

45歳という若さでこの世を去った俳優の古尾谷雅人さん。

 
20歳で劇団ひまわりに入団し、1977年に日活ロマンポルノ「女教師」で
俳優デビューを果たしました。
1982年には、日活ロマンポルノ「団地妻・肉欲の陶酔」で共演した
5歳年上の女優、鹿沼絵里さんと結婚しました。


数多くのドラマや映画に出演していましたが、1990年代になると、
古尾谷さんが自分の嫌いな役を断り仕事を選んだため、
仕事の依頼が徐々になくなり、東京都内に1億4500万円で購入した
高級マンションのローンの返済(毎月100万円)が、滞るようになりました。
また、住民税の支払いまで滞納するようになり、古尾谷さんは物に当たったり
昼間から飲酒するなどし、ついには家族に暴力をふるうようにまで
なってしまったということです。
 
特に鹿沼さんへの家庭内暴力は日常的に行われていたそうで、
“女優の命”である顔を何度も殴られて、絨毯に血が垂れるほどの
大量の鼻血を流し、全治5か月の大怪我を負ったり、
殴る蹴るの暴行を受け、肋骨を骨折したこともあるそうです。

古尾谷さんは芸能事務所の経営にも失敗し、
借金は最終的に3億円にまで膨らんだため、
鹿沼さんは夫の借金を返済するべく「元女優」としての
プライドを捨てて、スナックでアルバイトをしていた時期もあります。
 
そんな中、古尾谷さんは死について語るようになり、ついに
2003年3月25日午後6時過ぎ、東京・文京区目白台の自宅寝室で、
ひもで首を吊って死んでいるのを家族が発見しました。
寝室の壁際の天井下には、鉄のパイプが通っていて、
そこに幅3.5センチ、長さ2メートルの空手着の黒帯を結びつけ
スエット姿で首をつっていたということです。

スポンサーリンク


古尾谷雅人の嫁 鹿沼絵里の現在は借金返済に追われている!?

残された鹿沼さんは東京都内の賃貸マンションで、息子・娘と3人で暮らしています。
息子の高藤疾土さんは元俳優で、ファミリーレストランでアルバイトをしていたり、
娘の水野快令さんは元モデルで、ジュエリー関係の仕事をしているということです。

 

古尾谷さんの死後、鹿沼さんの母が骨粗しょう症を患った末に
農薬を飲んで自殺し、一命をとりとめたものの一年後に亡くなり、
その後父も後追い自殺をして亡くなっています。
 

2015年4月の時点で、62歳の鹿沼さんはネット上で近況を報告し、
ホームヘルパーの資格を生かし、週5回・朝7時から夕方6時まで、
二つの老人介護施設で契約社員として働いていることを明かしました。
自宅マンションのローンは完済しましたが、
夫が芸能事務所を経営していた時期の借金がまだ残っているということで
まだこの苦しい生活は続きそうですね。。。
 
番組では今年7月に急性大動脈解離を発症して
身体障害者手帳1級を支給されていることを明かしました。

娘夫婦と晩酌中に舌をかんだ瞬間に心臓に激痛が走って倒れ、
救急搬送され、体には手術で10センチの人工血管と人工弁が入れられたといい、
手術跡は30センチの長さに及んでいました。
 
42歳の時、心筋梗塞に襲われたことも明かし、
古尾谷さんの家庭内暴力と自殺、最大3億円にふくれあがった借金と、
数々の不幸に見舞われてきた鹿沼さんは、
「それ(数々の不幸)で心臓を悪くしたんじゃないかと思うぐらい」と語っていました。

年内は安静ということですが、体には気をつけて長生きしてほしいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です