長崎県警巡査 失踪の理由は30万課金!20代でゲームにハマりすぎ!

長崎県警の警察署に勤務する20代の男性巡査が
今年2月、スマートフォン向けゲームに約30万円を使いました。
このことを親に怒られるのが嫌で4日間失踪し、
県警が巡査を本部長訓戒処分にしていたことがわかりました。

スポンサーリンク


長崎県警巡査 失踪の理由は?

2月2日の勤務中、ゲームで使った約30万円について、
クレジットカード会社から支払いを求める督促状が届いたと、
実家の母親から連絡を受けていました。

その日は早退し、自宅に「捜さないでください」との書き置きを残して、
謎の失踪を遂げました。

書き置きに気付いた両親が、巡査が勤務する警察署に行方不明届を提出し、
山口県警が同月5日に、同県下関市内を車で走行中の巡査を見つけ、
巡査は長崎県警に、「怒られるのが嫌で、お金が尽きるまで逃げようと思っていた」
と話していたそうです。

20代でゲームにハマりすぎ!

これ以前にも十数万円を使い、親との間で「ゲームをやめる」と
約束していたということで、怒られることが分かっていたようです。

長崎県警監察課によると、巡査は県中央部の警察署に所属していましたが、
11月24日付で本部長訓戒処分となりました。

20代でゲームをやるのは全然良いと思いますが、
課金までしてさらに親から怒られ
督促状が来るまでになるとは、大人としてどうかと思います。
今後の情報にも注目していきたいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください