柿崎芽実 骨折の原因や復帰はいつ?左橈骨遠位端骨折って?

人気女性アイドルグループ「欅坂46」の柿崎芽実さん(16)が、
「ひらがな全国ツアー2017 FINAL!」の幕張公演のリハーサル中に
左手首を骨折したことが分かりました。
原因はローラスケートで転倒してしまったためでした。
左橈骨遠位端骨折ということで、どんな症状なのか
復帰はいつになるかなど画像とともに、まとめていきます。

スポンサーリンク


柿崎芽実 骨折の原因は?ローラースケート演出取りやめ!

人気女性アイドルグループ「欅坂46」の柿崎芽実さんが、
「ひらがな全国ツアー2017 FINAL!」の幕張公演の
リハーサル中に、ローラースケートで転倒し、
左手首を骨折したことが分かりました。

11日付で公式サイトや自身のブログに綴っていました。


 

まずは、柿崎さんについて簡単にご紹介します。


[出典;欅坂46公式WEB SITE]

名前:柿崎 芽実(かきざき めみ)
生年月日:2001年12月2日(16歳)
出身地:長野

2016年5月8日「けやき坂46オーディション」の合格者として、
ライブ配信サービス「SHOWROOM」の配信でお披露目されました。
欅坂のメンバーの中では最年少で、活動期間は1年半とまだ浅く、
デビューしたばかりだったようです。
 
そんな中での骨折ですが、ファンの間では、
ツアーでこのような演出が計画されているようです。

まだアイドル歴は浅くても、ファンの方に愛されていることが
伝わってきます。

今回の骨折を受け、柿崎さんの幕張公演への出演を見送り、
チャレンジ演目だったローラースケートの演出も
メンバーの安全面を考え、見送ることとなりました。

 
柿崎さんは、病院での診察の結果「左橈骨遠位端骨折」との診断を受け、

「怪我をしたのは左手首だけなので、私は全然元気です。
私は絶対強くなって戻ってきます皆さんに勇気を与えられる存在になります 
どのくらい時間がかかってしまうかわからないですが、
また元気な姿をお見せできるまで、待っていて下さると嬉しいです」

と綴っていました。

スポンサーリンク


柿崎芽実 診断結果「左橈骨遠位端骨折」って何?

柿崎さんの診断結果である、「左橈骨遠位端骨折」って何なのでしょうか?
読み方は”ひだりとうこつ えんいたんこっせつ”と読むようです。

手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりしたときに、
前腕の2本の骨のうちの橈骨(とうこつ)が手首のところ(遠位端)で折れる骨折で、
手首に強い痛みがあり、短時間のうちに腫れてくるそうです。
 

症状としては、手がブラブラで力が入らず、反対側の手で支えなければ
ならなくなったり、折れた骨や腫れによって神経が圧迫され
指がしびれることもあるということです。


[出典;日本整形外科学会]

骨折の種類としては、手首側の骨片が手の甲の方向にずれているものを「コレス骨折」、
手のひら側にずれているものは「スミス骨折」と言われています。

ギプスやギプスシーネで固定し治療を行いますが、
症状や骨折の度合いによっては、手術が必要になり、
ネジとプレートを埋め込んで治療をします。

 

治療に4〜6週間はかかるようなので、
リハビリも考えると、復帰は1ヶ月以上先になりそうですね。

 

ツイッターではメッセージが寄せられています。

16歳という若さで、この精神的な強さやいつでもファン思いなところなど、
アイドルとしてのプライドが感じられますし、素敵ですね。
手術が必要かと思いますが、リハビリなどに励み、
少しでも早く復帰されてほしいです。
また、ツアーも絶対成功すると思うので、行かれる方は
楽しんできてください。
元気な姿を見れる日を楽しみにしています。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください