淀川河川敷で銃弾100発以上が見つかる!持ち主は?不法投棄?

12月10日午後、大阪市西淀川区の淀川の河川敷で
一斗缶の中から100発以上の銃弾がみつかりました。
銃弾は未使用だったようで、不法投棄の可能性もあるとみて、
持ち主など調べを進めています。

スポンサーリンク


淀川河川敷で未使用の銃弾が見つかる!

12月10日午後2時ごろ、西淀川区姫島1丁目で
一斗缶とその前に複数の銃弾が並べられているのが発見されました。

場所としては、この赤枠内の右端になります。

「散弾銃の弾が落ちている」と通行人から警察に通報があり、
警察が駆けつけると、路上に置かれた一斗缶の中から
“ライフル銃”と”散弾銃”の実弾100発以上が見つかりました。

銃弾100発以上も不法投棄?持ち主は?

銃弾を目撃し、警察に連絡した方の話によると、

・一斗缶自体も古かった
・くるまれていた新聞紙が古かった
・新聞紙は1980年ぐらいのものだった

同署によると、一斗缶は数日前から置かれていたそうです。

銃弾には使用された痕跡は残っていないということで、
何者かが処分に困って不法投棄した可能性もあるとみて、
銃弾を鑑定して持ち主の特定を進めています。

何だか怖いですね。
未使用だから、まだ使えるのかは分かりませんが、
もしこれを手に入れて使用した人がいたら
大事件になっていた可能性もあるので、
それだけは避けれてよかったですね。
今後詳しい情報が入りましたら追記していきます。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です