塚田留菜と石塚洋二の顔画像や経歴は?遺棄した場所や理由を調査!

生まれたばかりの赤ちゃんの遺体を自宅の畑に埋めたとして、
母親の塚田留菜容疑者(33)とその交際相手の
石塚洋二容疑者(42)が逮捕されました。
2人の顔画像や経歴、Facebookはあるのか、
埋めた場所や理由についてまとめていきます。

スポンサーリンク


塚田留菜と石塚洋二の顔画像や経歴は?

嬰児(えいじ)の遺体を畑に埋めたとして、栃木県警は6日、
男女2人を逮捕しました。

名前:塚田留菜
年齢:33歳
住所:栃木県野木町丸林
職業:飲食店従業員

名前:石塚洋二
年齢:42歳
住所:茨城県坂東市逆井
職業:無職

両容疑者は共謀して2016年8月中旬ごろ、石塚容疑者の
自宅敷地内の畑に嬰児の遺体を埋めた疑いが持たれています。

いつから交際していたかはわかりませんが、
この嬰児が2人の子だとしたら、短くても2016年の初めには
交際をしていたと考えられます。

赤ちゃんを遺棄した場所や理由

12月5日未明に石塚容疑者が「子どもを殺してしまった」などと
栃木県警小山署に自首してきたことから、事件が発覚したということです。
その同日に白骨化した遺体が発見されました。
場所がこちら。

茨城、埼玉、千葉の県境にある市ですね。

嬰児は両容疑者の子とみられ、石塚容疑者は調べに対して
「金銭的に困っていた」と話、塚田容疑者は
「遺棄について同意していた」と話しているといいます。

塚田容疑者は遺棄直前の病院の診断で妊娠約30週目だったそうで、
両容疑者とも嬰児が出産時に産声を上げなかったと話しています。
県警は司法解剖するなどし、死産かどうかなどについて
詳しく調べを進めています。

2人は「お金に困っていた」などと容疑を認めているということです。

石塚容疑者はなぜ無職だったのでしょうか。
お金に困っていたら働けと思ってしまいますが、
何かしら事情があったのでしょうから、あまり強くは言えませんが、
交際相手が産んだ赤ちゃんを”お金がないから”という理由で
命を奪うのは、赤ちゃんがとても可哀想だなと思いました。
お金がないという理由で、人生左右されたくないので、
きちんと貯金をしようと思わされた事件でした。
顔画像などわかり次第追記します。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください