文京区 死体遺棄事件で犯人はだれ?80代男性が泥酔で発覚!

東京都文京区のマンションの一室に遺体が発見されました。
80代男性がお酒に酔って寝ていたところを署員が発見し、
「息子がいる」と話したことから、死体遺棄事件の
可能性もあるとして調べを進めています。

スポンサーリンク


文京区で死体遺棄事件!犯人は誰?

東京都文京区小日向のマンション5階の一室で4日午後9時25分ごろ、
上半身裸の男性の遺体が見つかりました。
部屋には布団が敷かれ、その上に上半身は衣服を身につけておらず、
掛け布団は半分めくられていたそうです。

発見現場は、地図で調べた限り、こちらだと考えられます。
住所:東京都文京区小日向4丁目小日向安田ビル5階

同署によると、遺体は腐敗が進んでいて、年齢や外傷の有無は
ともに不明で、周囲に血痕などはなかったということです。
死後数日以上たっているとみられていて、
警視庁富坂署が遺体の身元の特定を急ぐとともに、
死体遺棄事件の可能性もあるとみて調べを進めています。

80代男性が泥酔!保護され発覚!

この遺体は、自称80代男性がお酒に酔った状態で
路上に倒れているのを署員に保護されました。

男性は、「自宅マンションに息子がいる」と話し、
マンションまで送り届けましたが、急に暴れ出し転倒し、
一時意識不明となり、病院に搬送されました。

署員が男性の部屋を訪れ、異臭に気づき、遺体を発見したということで、
同署は男性の回復を待って事情を聴く方針です。

ネットでは、80代男性は認知症なのでは?
息子さんが介護していてなくなったけど、
どうしていいかわからなった、署員に息子を発見されるのが
怖かったのでは?という声が多く上がっていました。

認知症ですと、自分で判断することも難しくなりますし、
今後の調査も慎重にやる必要がありますね。
また、仮に介護をしていたというと過労死ということも
ありえない話ではないと思いますし、
家庭問題はまだまだ問題視するべきだと感じました。
一刻も早い原因究明が求められますね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください