チャットモンチー 解散理由は?急性声帯炎で公演延期を繰り返していた!

チャットモンチーが2018年7月をもって解散することが
公式サイトで明かされました。
メンバーの橋本さんは急性声帯炎で公演の延期を
繰り返していましたが、解散理由は何だったのでしょうか?
人気曲「シャングリラ」でヒットしてから今までの活動についてまとめます。

スポンサーリンク


チャットモンチー 解散理由はなに?

チャットモンチーはデビュー記念日である昨日11月23日にオフィシャルサイトにて
「LAST ALBUM RELEASE IN 2018」という告知を掲載しました。
そして本日11月24日、メンバーの橋本絵莉子さんと福岡晃子さんが
「この度私たちは、2018年の7月をもってチャットモンチーを完結させようと思います」
と解散する旨を連名で発表しました。
  
チャットモンチーのコメント全文がこちらです。
  
解散理由については
“チャットモンチーという名前を脱いだ方が新しいところへいけるのではないか”
と思い始めたことが解散に至ったということでした。
  
チャットモンチーは2000年の高校生の時に、メンバーの地元徳島で
橋本さんを中心に中村ゆみさん、石田えりなさんと結成されました。
しかし進路の都合上橋本さん以外が脱退することとなります。
  
そこで、元々チャットモンチーのファンで高校の同級生であった
福岡さんが2002年3月に加入しました。
そして2005年にメジャーデビューを果たしました。
2006年にリリースされたシングル「シャングリラ」がヒットしたことにより、
知名度が増し、その後数々のヒット曲を生み出してきました。

  


こちらは「シャングリラ」のMusic Videoです。音楽も可愛いですね。
独特なリズムですが、とてもノリやすく、カラオケでも盛り上がった思い出があります。
  
2011年に高橋久美子さんが脱退してから現在まで、
橋本さんと福岡さんの2人体制で活動しています。

ここでお二人について紹介します。
  

名前:橋本 絵莉子(はしもと えりこ)
生年月日:1983年10月17日(34歳)
ギターボーカル担当・リーダーで、同バンド唯一のオリジナルメンバーです。
2010年にtacica(タシカ)の猪狩翔一さんと結婚し、
2013年10月に長男を出産しています。
2017年には2人組ユニット「橋本絵莉子波多野裕文」を結成し、
同年6月21日にはアルバムも発売しています。

  

名前:福岡 晃子(ふくおか あきこ)
生年月日:1983年4月16日(34歳)
ベース・コーラスを担当しています。
2013年よりおおはた雄一さんとのユニット「くもゆき」でも活動中で、
同ユニットの楽曲「ザ・ギョーザ!」ではPV監督も務めています。

また出身地・徳島県にある三好市・祖谷(いや)の旅館で行われたイベントで
世武裕子さんと共に「忘れちゃいなよバド部」としての演奏もしていました。
  
お二人とも「チャットモンチー」のバンド以外でも活動されていたんですね。

スポンサーリンク


チャットモンチー解散!急性声帯炎で公演の延期をしていた!

チャットモンチーとしてデビューしてから今まで、メンバーが度々入れ替わりながら、
今年で12年を迎えたお二人。
様々なコンサートを開催していましたが、今年の6月20日に行う予定だった
全国ツアー「チャットモンチーと機械仕掛けの秘密基地ツアー2017」
東京・六本木公演を延期していました。
これは橋本さんが急性声帯炎、音声障害と診断されたためでした。
公式サイトには、謝罪とともに払い戻しや、振替公演が発表されていました。

  
この公演だけでなく、4月にも橋本さんの声帯炎のため、
北海道2公演を延期していました。
急性声帯炎は声帯に炎症が起こり、声が出せなくなる症状のことをいいます。
急性と慢性があり、急性声帯炎はタバコの吸いすぎや、風邪、声の出しすぎなど、
声帯に負担をかけた場合に生じます。
そのため、治療方法は声帯に負担をかけないことで、
飲酒喫煙を避け、あまり声を出さないということが大切です。
治療を怠ると慢性化し、手術が必要なほど悪化する恐れがあるそうです。
  
2度も公演を延期しているので、この声帯炎のこともあっての解散なのでしょうか。
チャットモンチーは少しハイテンポでノリの良い曲、音域も高めですので、
声帯が傷んでしまったということも考えられます。
  
また、ネットでは知名度が下がってきているから?という
声も上がっていました。
活動期間は、あと1年も残されていないので悔いの残らないように
“チャットモンチー”ならではの曲を歌ってほしいなと思いました。

  
ラストアルバムの詳細や解散までの活動予定は2018年元日に発表される予定です。
また情報が入りましたら追記いたします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください