清塚信也 嫁は乙黒えりで子供は?実は芸人に憧れていた⁉︎

人気ドラマの作編曲を手がけ、コウノドリには
俳優としても出演しています。
年間約120本のコンサートを行うほど大活躍の
ピアニスト・清塚信也さんの嫁は乙黒えりさんで、
子供も2人いるようです。
画像や動画とともにまとめていきます。

スポンサーリンク


清塚信也 嫁は乙黒えりで子供は2人!


[出典;公式ホームページ]

生年月日:1982年11月13日(35歳)
出身地:東京都
学歴:桐朋女子高等学校音楽科(共学)
モスクワ音楽院(留学)
職業:ピアニスト・作曲家・俳優

日本人の父と韓国人の母のもとに生まれた日韓ハーフで、
父母ともに音楽が大好きで、クラシック音楽はいつも家の中に流れていたそうです。
バイオリンをやっていた姉の影響で、習っていないにもかかわらず、
見よう見まねでピアノを弾いていると、絶対音感が養われたそうです。
 
5歳からピアノを始め、小学校6年生くらいから、プロになるためには
どうしたらいいのか考えるようになります。
1996年、全日本学生音楽コンクール・中学校の部で優勝を果たし、
1998年東京交響楽団との共演でデビューしました。
18歳の時には国際ピアノコンクールではプロが多い中、見事優勝しました。

その後数々の映画やドラマのピアノ演奏の吹き替えを担当したり、
サウンドトラックや、俳優デビューまで果たし、
ピアニスト以外でも活躍の場を広げてきました。
そんな小さい頃から才能に満ち溢れている清塚さんは、
2012年に女優の乙黒えりさんと結婚しました。

 

本名:乙黒 えり
生年月日:1982年10月12日(35歳)
出生地:神奈川県横浜市
職業:女優、タレント
活動内容:2001年:女優デビュー
テレビ朝日のオーディション番組で4000人の中から選ばれ、
香港映画「ザ・スチュワーデス」でデビューします。
 
インスタグラムによると、お二人の間には2歳と4歳の
2人の女の子がいるようです。

 


 

子供たちをつれて#コウノドリコンサート へ🎵 写真でも伝わるこのてんやわんやぶり(笑)ベビーカーなしで電車で二人連れチャレンジ♪二歳半だけど頑張って歩かせて、なんとか到着。(何度もごねたけど(笑)) 会場はたくさんの赤ちゃんや子供たちでにぎやかでした☀️ 子供と一緒に客席座れて、泣いてもOKで、本当に気が楽で嬉しいコンサートでした🎼 次女は最後はすやすや夢の中へ💤🎠💤 パーカッションや弦楽器のみなさまも素敵でゲストも豪華で内容盛りだくさんで楽しかったです。 帰り道は次女は、もちろんずっとだっこで、12キロあるので、腰痛になりかけました。 #昼の部に一緒に行ってくれたママ友たちありがとう❤️ #夜の部に来てくれた女優軍団 上野なつひちゃん、貫地谷しほりちゃん、桂亜沙美ちゃん、金子さやかちゃん、留奥マイコちゃんありがとう😍✨

elly otoguroさん(@ellyotoguro)がシェアした投稿 –


顔はモザイクがかかっていて、はっきりは分かりませんが、
可愛らしいふんわりとした雰囲気が伝わってきます。

スポンサーリンク


清塚信也 作品やコンサート情報!実は芸人に憧れていた!

俳優デビューまで果たした清塚さんですが、きっかけは一つのドラマでした。
担当作品についてまとめます。

*2006年 フジテレビ系ドラマ「のだめカンタービレ」
「千秋真一」のピアノ演奏の吹き替えを担当、アニメでもサウンドトラックを担当。
*2007年にアルバムでCDデビュー。
*2007年 映画「神童」 サントラ演奏・ピアノ指導・出演
*2010年 NHK大河ドラマ龍馬伝
第2部から龍馬伝紀行のBGMとして龍馬伝の主題曲をピアノ演奏
*2013年 映画「さよならドビュッシー」
岬洋介役で俳優デビュー

このようにのだめカンタービレをきっかけに、ピアノ演奏のあるドラマでは
手の部分の吹き替えを担当したり、映画に挿入されている曲の
サウンドトラックを演奏するなど、音楽会では有名になりました。
ピアニストでは異例の年間約120本もの演奏活動をやっていて、
人気ぶりが伺えます。
 
そして、最近のドラマで話題になっている「コウノドリ」でも
メインテーマを引いています。

*2015年・2017年 コウノドリ ピアノテーマ・ピアノ監修・俳優として出演
綾野剛さんにピアノ指導もし、鴻鳥サクラ(BABY)の幼馴染、
ライブハウスマネージャー役で滝賢太郎として出演していました。

コウノドリのメインテーマがこちらの曲ですね。
清塚信也 – For Tomorrow (TBS系 金曜ドラマ「コウノドリ」(2017)メインテーマ)


 

サウンドトラックも発売されていました。

 
幅広く活躍している実力はピアニストの清塚さんですが、
主催するコンサートでは、音楽だけでなくトークも同じくらいおもしろいと
評判を呼んでいます。
以前の取材で「笑いしか、取れないです(笑)」と冗談めかしながらも
自信をのぞかせていました。
また、「芸人さんに憧れてるって聞きましたけどどうですか?」という質問に対し、
「めちゃくちゃ憧れてましたけど、もう諦めました(笑)」ときっぱり答えていました。
 
しかし、コンサートは演奏よりもトーク優先であることが明かしていました。
そのために演奏を割愛するテクニックも番組内で放送していましたが、
衝撃的すぎました。
清塚さんのコンサートは2018年にも行われ、チケットぴあなどで購入できます。
4000〜6000円くらいですのでそちらも是非。

ピアニストだけでなく、幅広く活躍されていて、すごいと思います。
奥さんは女優ですので、お子さんも女優かピアニストになるのでしょうか。
今後の清塚家から目が離せませんね!
機会があればコンサートに一度行ってみようと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください