和月伸宏 嫁・黒碕薫は小説家!「るろうに剣心」第4作映画も取りやめの可能性あり!

「るろうに剣心」「武装錬金」などの人気作品で知られる
漫画家の和月伸宏(本名・西脇伸宏)さんが、
児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で警視庁に書類送検されました。
それにより、「るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー」は
12月4日発売号から当面の間休載することとなります。
嫁は小説家の黒碕薫さんでストーリー協力をしています。

スポンサーリンク


和月伸宏[漫画家]児童ポルノ禁止法違反で書類送検!

漫画家の和月伸宏(本名・西脇伸宏)容疑者が
児童売春・児童ポルノ禁止法違反容疑で書類送検されました。

名前:和月伸宏
本名:西脇伸宏
生年月日:1970年5月26日(47歳)
出身地:新潟県長岡市〈旧越路町〉
活動期間:1987年(昭和62年)〜
代表作:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-、武装錬金
 

小学生の頃、3つ上の兄の影響で漫画を描くようになったのが
漫画家となるきっかけでした。
「エンタテイメントの基本は笑顔とハッピーエンド」という持論を持っていて、
「るろうに剣心」の後半の展開部分が、ヒロインの神谷薫を生存させる
展開にしたのもこの持論から来ています。
 

作品にはすべて、自分の名前が入った捺印を押しているそうで、
この印は「るろうに剣心」の連載が始まった際、当時友人だった妻が
中国旅行のときにお祝いに作ってきてくれたものでした。
西脇容疑者はこれを

「世界で一つしかなく、自分の漫画家人生に欠かせない大事なもの。
もしもこれを無くしたら漫画家を辞めろということではないのか?」

と語っていました。
 

妻の黒碕薫さんは小説家、脚本家として、「るろうに剣心」に協力しています。

簡単に紹介すると、1969年1月26日神奈川県横浜市で生まれ、
小学生の数年間をブラジルで過ごした帰国子女です。
日揮に入社し、勤務のかたわら執筆した小説「天使たちの惑星」で
1994年にデビューを果たしました。
 

この妻からもらった大切な捺印をなくす前に、漫画家生命の危機に直面しています。

捜査捜査関係者によると、別の児童ポルノ事件で調査していたところ、
西脇容疑者が10月、都内の事務所で10歳代前半の女児の裸が映った
動画を収録したDVDを購入していた疑いが浮上しました。
自宅を調べると、複数のDVDを発見しました。
これに関し、容疑を認め
「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」
と供述しているということです。
 

児童ポルノの単純所持は2015年7月から処罰対象になり、
性的な目的で18歳未満の子供の児童ポルノを所持・保管すると、
1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科されます。

この騒動に対し、発行元の集英社はFAXで
「作家は、深く反省しています」と回答しています。

スポンサーリンク


和月伸宏[漫画家]るろうに剣心休載で連載予定はあるのか!?

ジャンプスクエアで連載中の「るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー」について、
12月4日発売号より当面の間休載することを明らかにしました。
 

「るろうに剣心」といえば、1994年から99年にかけて「週刊少年ジャンプ」に連載され、
アニメ化、実写映画化など大規模なメディアミックス展開を果たしている大人気作です。
特に、2012年に第1作、14年に第2作と第3作が公開された実写映画は、
興行収入ベースで計120億円以上を稼ぎ出す大ヒットとなっていました。

制作関係者によると、実は「るろうに剣心」の映画は、
来年にも第4作の制作を控えていたそうなんです。
しかし、メインキャストとなる武井咲さんの妊娠が発覚し、
その影響でスケジュールが流動的になっていました。
そして今回、原作者のトラブルが発覚し、今後の展開によっては、
企画自体が吹き飛ぶ可能性もあると話していました。
 

もともと「週刊少年ジャンプ」のメインターゲットである男性だけでなく、
女性からの人気も高い原作ですし、主演の佐藤健さんをはじめ
多数のイケメン俳優が登場することから、映画のターゲットも、
もちろん女性となります。
そのため今回の件でのイメージ低下は計りしれず、今年9月には、
ジャンプスクエア10月号で「北海道編」の連載が始まったばかりで
18年ぶりの「るろ剣」復活が話題になっていた矢先の報道となってしまいました。

「バンダイチャンネル」を運営するバンダイナムコライツマーケティングの担当者は
配信中止の可能性も全くないとは言えないということでした。
大ヒットとなっていたのに、今回の騒動の一件で全て無駄になってしまうと思うと
虚しいですし、とても勿体無いと思います。
ファンは多いと思うので、早く復活してほしいという思いもありますが、
どうなるかはわかりませんね。
今後の報道に注目していきます。

*追記

東京簡裁は2月27日、罰金20万円の略式命令を出しました。

追記終わり

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です