在間亮平[画像]経歴や家族は?ストレスで暴走し1時間逃げ回る!

愛媛県松山市で、乗用車が約1時間に渡り暴走するという
恐ろしい事件が起きました。
逆走や信号無視を繰り返していた今治市内の会社員
在間亮平容疑者を現行犯逮捕しました。
母親はなぜ同乗していたのか、
顔画像や経歴家族構成などについてまとめます。

スポンサーリンク


在間亮平 画像あり!経歴や家族構成は?

警察の制止を振り切り、松山市内の国道を乗用車で
逆走や信号無視を繰り返し、約1時間に渡り暴走したとして、
1人の男が現行犯逮捕されました。

名前:在間亮平
年齢:41歳
住所:愛媛県今治市立花町
職業:会社員

13日午後2時前、松山市鴨川2丁目の国道で、
「車と衝突事故を起こした乗用車がそのまま逃げた」
という内容の通報が警察にありました。

その数分後にも2キロほど離れた場所で「車に当て逃げされた」と女性から通報があり、
警察は、緊急配備を敷いて逃げた乗用車の追跡を始めました。

後部座席には母親が同乗していたようです。
家族の情報は今の所母親しかわかっておりません。

スポンサーリンク


在間亮平 ストレスで自暴自棄!1時間も逃走!

松山市の中心部で13日午後2時前、物損事故を起こして逃げた男の乗用車が
1時間近く逃走し、追跡するパトカーとのカーチェイスが起きました。
ニュースでは、暴走する乗用車の前の部分は壊れ、タイヤはパンクしていて、
窓を開けたまま平然と逃走を続ける動画が流れました。

車は松山城を取り囲むように走る国道11号や国道196号などを逃走し、
許可無く車が入れない大街道商店街に侵入したり、信号無視や逆走を繰り返し、
県警本部近くの交差点では自転車の60代女性と接触し、頭部打撲などの軽傷を負わせるなど、
他にも5件の物損事故を起こしたと見られています。

松山城がこちらですので、この周辺を暴走していたようです。
松山城があるということは、観光客もいると思いますし、
けが人が少なく、死者が出なかったことだけはよかったです。

警察によると、男は事故を起こした後に逃走したとみられ、
松山市内中心部を約1時間にわたって暴走し、午後3時前、
大手町1丁目の県道で男が他人の車に乗り込もうとしたところを、
警察が取り押さえ、道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕しました。

目撃者は
・女性(76)
「振り返ったら車が勢いよく来て怖かった。
自転車も置いてあったが、うまくよけていた。
(カーチェイスが)まさかここであると思わなかった」

・男性(41)
「ぶつかった瞬間は車のスピードが落ちたが、
車に乗り上げた女性が落ちると、よけるように再びスピードを上げて逃走した」
「男は前一点だけを見ていて、ぶつかる瞬間まで気付いていなかったという感じだ」

・大学生(19)
「道路を逆走し、白バイとパトカーに追われていた。信号無視もしていた。
時速80キロ以上は出ていたと思う。怖かった」

・女性(70)
「南堀端駅から市役所前のカーブで逆車線に入っていった」

と話していました。
在間容疑者は、「ストレスで自暴自棄になってむちゃな運転をした」と容疑を認めています。

商店街など、普段車が入らないようなところなのに、安心して歩けないですし、
万が一自分がそこを歩いていたらと思うととても怖いです。
母親はなぜ同乗していたのか、また在間容疑者の行為を止められなかったのか、
疑問が多く残りますが、詳しい情報が入り次第追記します。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です