八千草薫 年齢や現在は?多摩川との関係性はドラマだった!

11月3日放送の「爆報THEフライデー」に
女優の八千草薫さんが出演します。
現在の年齢は86歳ですが、若い頃の写真を見ても、
どこか面影もあり美しいです。
また、番組内容の多摩川との関係は
テレビドラマにありました。
八千草さんについてまとめます。

スポンサーリンク


八千草薫 年齢や現在は?若い頃の写真も美人!


[出典;日本タレント名鑑]

本名:谷口 瞳
旧姓:松田 瞳
生年月日:1931年1月6日(86歳)
出身地:大阪府
職業:女優
活動期間:1947年〜
配偶者:谷口千吉(1957年〜2007年)死別
事務所:柊企画
ジャンル舞台、テレビドラマ、映画

プール女学院在学中に宝塚音楽学校に合格し、
1947年に宝塚歌劇団に入団します。
入団当初は「分福茶釜」の狸などコミカルな役を当たり役としていましたが、
1952年「源氏物語」の初演で可憐で無垢な若紫(紫の上の少女時代)を
内・外面ともに見事に表現し、絶大な評判と人気を博しました。
それ以降は美貌・清純派の”娘役”として宝塚の一時代を風靡、
同年から劇団内に新設された映画専科に所属しました。
若い頃の写真も美人さんです。面影がありますね♪

宝塚在団中から東宝映画などの外部出演をこなしていて、
当時のお嫁さんにしたい有名人の統計で、たびたび首位に輝いていました。
そして、1957年5月31日付で約10年の歌劇団生活に幕を下ろしました。
最終出演公演の演目は花組公演「みにくい家鴨の子/王春讃歌」でした。
退団後はテレビドラマでのおっとりとした”良妻賢母役”が好評で、
多くの作品に出演していました。
一方、「岸辺のアルバム」では家族に隠れて不倫する主婦役で
イメージとは逆の役だったため、テレビドラマ史に残る名作となりました。

数多くのテレビドラマや映画、CMに出演し、その数は合わせて
約200以上にものぼるほどの人気女優でした。
現在も女優として活躍しているようです。
今年に入ってからは2017年4月からテレビ朝日「やすらぎの郷」や
5月から6月にかけて舞台「これはあなたのもの」に出演していました。

スポンサーリンク


八千草薫 多摩川との関係はドラマだった!

爆報THEフライデーの番組内容は
八千草さんと関係の深い”多摩川”を調査し危険生物捕獲に挑むそうです。
日本にいるはずのない生き物が増殖し、桜消滅の危機もあるようですが
一体何が潜んでいるのでしょうか。

八千草さんと多摩川の関係は、不倫する主婦役でテレビ大賞主演女優賞を受賞した
「岸辺のアルバム」にありました。

このドラマは1977年6月24日から9月30日まで放送されたTBS系のテレビドラマで、
原作・脚本は山田太一さんが務め、第15回ギャラクシー賞、
ギャラクシー賞30周年記念賞を受賞した作品です。
原作小説は、1976年から1977年まで東京新聞など4つの新聞に連載されていて、
大人気小説でした。

この話は、倦怠期を迎えた夫婦の危機と子供たちが大人になる過程での苦悩、
家族が崩壊していく様が描かれ、最後に水害により家が崩壊するというものです。
主演の八千草薫さんは、和泉多摩川駅の向かいのホームに佇む美しさに惹かれたといって
電話をかけてきた竹脇無我と家族に隠れて不倫する主婦を演じ、
それまでの良妻賢母的なイメージを打ち破り、新たな役どころを開拓しました。

さて、こんなにも関わりの深い多摩川に一体何が現れたのでしょうか?
桜は日本の風物詩であり、なくてはならないものだと思います。
消滅しないように危険生物捕獲が成功するといいです。
86歳とは思えない美しさを持つ八千草さんですが、
高齢ですので体に気をつけて、活躍していってほしいと感じました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください