青山雅幸 セクハラで文春砲!被害者がノートを公開で明らかに!

立憲民主党の新人、青山雅幸氏にセクハラ疑惑があると
10月26日の週刊文春で報じられました。
被害者である元秘書がノートを公開し、報道について暴露します。
青山氏は弁護士としても活動していて、
今回の選挙で静岡1区で出馬し、当選しました。
また、青山氏は枝野氏と親交が深いようです。

スポンサーリンク


青山雅幸 セクハラ疑惑で文春砲!


[出典;公式サイト]

名前:青山雅幸(あおやままさゆき)
生年月日:1962年(55歳)
出身:静岡市
青山まさゆき後援会事務所の場所はこちらです。

藤枝東高校、東北大学法学部卒業し、弁護士として、
静岡県弁護士会静岡支部幹事長や静岡県弁護士会副会長を務め、
B型肝炎訴訟や浜岡原発訴訟に携わるなど人権派弁護士として活動しています。
また、枝野幸男・立憲民主党代表は同じ東北大出身ということで、
盟友としても知られています。
先日の衆院選において静岡1区から出馬し、立憲民主党で比例当選しました。

10月26日発売の週刊文春では
“立憲民主党・青山雅幸議員の“セクハラ”を元秘書が告発”
という内容で、セクハラ疑惑が浮上しました。

スポンサーリンク


青山雅幸 セクハラ被害を元秘書が暴露!40ページもの記録!

セクハラの被害を告発したのは、今年の夏まで秘書を務めていた
20代半ばの山田麻美さん(仮名)です。
麻美さんに取材を申し込むと、「記憶だけでお話しするのは控えたい」と
B5のキャンパスノートを持参し公開しました。
ノートには、日付や場所、感想など、青山氏からの「セクハラ被害」の詳細が
約40ページにわたって綴られていました。
青山氏からは抱きしめられたり、キスを迫られたりするなど、
数々のセクハラ被害を受けたことを証言しました。
昨年の4月、青山氏が代表を務める「ライトハウス法律事務所」に入所した彼女は、
同年6月より食事に誘われるようになったそうです。

麻美さんは、
「最初は上司に誘ってもらえて嬉しかったのですが、
タクシー移動の際などに、手を握られるようになりました。
さりげなく避けていたのですが、どんどん行動はエスカレートしていった」

とも証言していました。

青山氏は本誌の直撃取材に対しセクハラを否定していますが、
週刊文春10月26日発売号では、「セクハラ被害日記」の詳細、
青山氏が彼女に送ったメールの中身などを写真付きで詳報しています。

予告編では、

一緒にお風呂に入ろうというメールを送ったことが公開されていました。
青山氏はご結婚されていて、お子さんもいるようです。
交際しているわけでもないのに、秘書にそのようなメールを送るのは
捉え方次第ですが、多くの人はセクハラだと感じると思います。
冗談でいっていたとしても、相手が嫌がるようなことをするのは
よくないと思います。

文春にこの他の内容も公開されるようなので、
文春が手元に入り次第追記いたします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください