鳩山太郎 選挙は希望の党で出馬![週刊文春]鳩山マネーで公認されたのか?

第48回衆議院選挙で小池百合子知事率いる「希望の党」から
鳩山邦夫元総務相の長男である鳩山太郎氏(43)が出馬します。
明日12日発売の「週刊文春」では鳩山氏が億単位の寄付をしたと
報じられますが、真相はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク


鳩山太郎 希望の党で出馬!父と小池百合子が親友!?

今回、希望の党で出馬することが決まった鳩山太郎氏。
まずはプロフィールを見ていきます。

名前:鳩山太郎
生年月日:1974年6月(43歳)
出身:東京都文京区
最終学歴:早稲田大学政治経済学部卒
(財)日本友愛青年協会 参与
元総務大臣秘書官
元東京都議会議員
 

伯父は元内閣総理大臣の鳩山由紀夫氏、
父は元総務大臣・法務大臣の鳩山邦夫氏、
弟は自由民主党所属で衆議院議員の鳩山二郎氏と
政治家一家です。

第48回衆議院選挙が公示され、22日にむけて、いよいよ選挙戦が始まりました。
2017年9月25日に小池百合子・東京都知事により結成されたばかりの
「希望の党」に注目が集まっていますが、
東京2区からは鳩山邦夫元総務相の長男である鳩山太郎氏(43)が出馬します。
太郎氏といえば、05年都議選、07年文京区長選、10年参院選と
連戦連敗中ですが、今回は当選となるのでしょうか?
 
小池百合子氏と鳩山邦夫元総務相は親友だったようで、
太郎氏のFacebookにも投稿がありました。

親友だったことから、希望の党に公認されたと思っていましたが、
実は違ったようです。

スポンサーリンク


鳩山太郎 億単位の寄付で希望の党公認か!?鳩山マネーはどこから?

明日12日の週刊文春では、このように報じられました。

昨年10月の『希望の塾』開講式では、胸元のバッジを指して
『私はフリーメイソンなんですよ』と記者にアピールしていました。
何億円もの『鳩山マネー』を寄附して、希望の党の公認を
得たのではとも囁かれています」(希望の党担当記者)

ということで、太郎氏を直撃しました。
しかし、”噂は知っているが寄付していない。”
“億単位のお金を出せるわけがない”と主張していました。
そして、鳩山邦夫氏と小池氏が仲がよかったのもあり、
小池さんの塾に入ったとも言っていました。
 
取材のときに記者からはフリーメイソンのバッジが胸元にないことを
聞かれますが、”政治利用はよくない”ことからつけていなかったようです。
 
このフリーメイソンとは1717年に英国で発足し、会員は日本全体で2000人弱だそうです。
公式サイトには「世界最古・最大の友愛団体の一つ」とはあるものの、
活動の詳細などは書かれていませんが、会議や儀式などを行なっているそうです。
さらに「秘密結社ではなく、秘密のある結社」とも記してあります。
単なるメンバーの親睦団体とも言われていますが、実際のところ会員にしかわかりません。
この会員になるためにも
・18歳以上の男性である事
・仕事してて、それなりの収入がある事
・身体障害者でない事
・何かしらの宗教(至高の存在)を信仰してる事
・既存会員2名以上の推薦をもらう事
など条件があるそうです。
入会費や年会費もあるようで、一種のコミュニティのような
ものだと考えられます。

 
明日の週刊文春で、億単位の寄付があったのかや、
希望の党議員の素顔が明らかになるそうで、
気になりますね。
週刊文春が手に入り次第、追記いたします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください