鈴木美穂 結婚で旦那は誰?乳がんステージ3を乗り越え幸せを掴む!

日本テレビ「ミヤネ屋」の記者鈴木美穂さんが
結婚することを発表しました。
9年前の24歳の時に乳がんを患い、
闘病後復帰していました。
記者になってから、現在までの鈴木記者の
壮絶な人生をまとめてみます。

スポンサーリンク


鈴木美穂 結婚で旦那は誰?今月中にも入籍!

名前:鈴木美穂
生年月日:1983年10月16日(33歳)
出身:東京都
最終学歴:慶應義塾大学法学部法律学科卒業
職歴:日本テレビ報道記者兼キャスター
活動期間:2006年〜
ジャンル:ニュースキャスター

東京に生まれ、横浜で育ち小学5年生くらいから記者の女性の姿に、
強烈な憧れを抱き、テレビ報道の世界を目指すようになりました。

その後、親の仕事の都合で小学6年生からシカゴに住むことになり、
「自分はテレビ局で記者になるんだ、そのためには英語も頑張らなくては」
という思いで、必死に英語を勉強したようです。
中学3年生で日本に帰り、テレビ局に入りやすい大学のランキングから、
慶應義塾女子高等学校に進学することに決めました。
高校3年の時には、大学3年生向けにテレビ局が運営する就職活動のセミナーに、
1人だけ高校の制服で参加するというほど、記者への夢を追い続けていました。

大学進学後も、バックパッカーとして30カ国以上を訪問したり、
卒業記念として、自転車(いわゆるママチャリ)で日本縦断に挑戦したりと
様々のことを経験してきました。

そして、2006年日本テレビに入社、報道局に配属されます。
1年目はAD、2年目からは記者として活動していて、
現在も日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」で”午後2時50分の美女”として
ニュースコーナーを担当しています。
そして10月9日の朝の情報番組「スッキリ!」で結婚することが発表されました。
お相手は34歳の会社員の方で今週末には婚姻届を提出する予定で
挙式は来秋の予定だそうです。
昨年の9月から交際を始め、付き合って1年後の記念日に
プロポーズを受けたといいます。
美人で幸せを掴んだ鈴木記者ですが、
過去には乳がんを患うなど壮絶な人生を送っていたことがわかりました。

スポンサーリンク


鈴木美穂 乳がんステージ3が発覚!

しかし、2008年入社3年目の24歳の時に、乳がんが見つかりました。
シャワーを浴びた際に右胸のしこりに気づき、会社の診療所から紹介された
病院で検査を受けたところ、乳がんが発覚したようです。
しこりは2つで5cm、ステージ3と大分進行していました。
この若さで乳がんになるなんて想像もしていなかったでしょうし、
とても辛かったと思います。

右胸全摘手術、抗がん剤、ホルモン療法、放射線などの治療に専念し、
8ヶ月の休職を経て、2009年の1月から徐々に社会部に復帰していきました。
いまも1日1錠ホルモン治療は続けているそうで、副作用は特にないそうです。

2009年にはがん患者向けにフリーペーパー「STAND UP!!」を創刊し、
同じガン患者の心の支えとなる活動を始めました。
そのフリーペーパーから、現在若年性がん患者仲間が350人も集まる団体となりました。
その後もニュースキャスターの傍、自分のガンの闘病中や、ガン経験を生かし、
2015年にはNPO法人「マギーズ東京」を発足し、がんに関わる人々を応援しています。

今回結婚を報告した、鈴木記者ですが、出産の時にはホルモン治療を
やめることも考えているようです。
現在転移はみられず、再発もしていないので、やはり結婚したからには
子供もほしいですよね。
出産をすることによって、ガンを患った方にも希望が持てると思いますし、
若い方ですと、余計不安に思う方もいると思うので、
そうゆう方達の支えとなるように、今後も活動して行って欲しいなと
感じました。
そして、幸せな家庭を築いて欲しいです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください