つかじ俊 死因は大腸ガンでステージ3!コミック連載は強制終了!

漫画家のつかじ俊氏が9月25日に亡くなっていたことを
10月1日、ブログやツイッターなどで家族が報告しました。
2016年3月に大腸ガンが発覚し、闘病中でした。

スポンサーリンク


つかじ俊(漫画家)死去で死因は大腸癌!ステージ3で早期発見ならず。

9月25日漫画家のつかじ俊さんが亡くなっていたことがわかりました。
死因は大腸癌で、ステージ3でした。

2016年3月19日のブログで

「今日、手術やそれに関する説明をされました。
進行がん、つまり悪性でした。
心のどこかで奇跡的に良性…なんて考えていたのですが、
やはりそんな奇跡は起こりませんでした。
もっと早く見つかれば良かったんですけど、やはり25歳でがんだとは
医者も滅多に思わないそうですね。
まあ自覚症状がほぼないんだから、ましてや他人には分かりえないことですね。
北斗(晶)さんじゃないですけど5年先、10年先を生きれるように頑張りたいと思います」

と綴っていました。

つかじさんは今年9月12日、自身のツイッターで
「今日で27歳になりました。なんとか生きる事ができました」
と誕生日を迎えたことをつぶやきました。
しかし、亡くなったのはその2週間後の出来事でした。

 つかじさんのブログとツイッターで、家族一同として

「平成29年9月25日に安らかに旅立ちました。
生前、作品を愛してくださいました皆さま、また、お世話になりました先生、
出版関係の皆さまには深く感謝申し上げます。」
「さらに、闘病に関して多くの方々から応援を頂き、
励ましの言葉を掛けてくださいましたことは、
どれほど本人の心の支えになっていたか、
深く深く感謝と共にお礼申し上げます。
いつの日も、心の片隅に思い出として残していただけることを念じて、
旅立ちの報告をさせていただきます」

と綴りました。

スポンサーリンク


 

つかじ俊 死去で連載終了!きょうのきゅうしょく!

月間コミック誌「ヤングエース」(KADOKAWA)で2016年5月号から
「きょうのきゅうしょく!」を連載開始予定でしたが、1・2話掲載時点で
が んを患っていることが判明し、連載中止となったことが
同号で発表されていました。

 つかじさんは連載中止について、2016年4月4日のツイートで、
治療に専念するために、連載を中止することを報告していました。
 つかじさんにとって同作品は初の連載漫画でした。

 連載中止後も同人誌での活動を続け、イベントや委託販売で
作品を販売するなど、創作活動を続けていました。

今年の9月8日には主治医からの話を受け、「終わりが見えてきてしまった」
「残された時間も少なくなってきたみたい」などブログで綴り、
抗がん剤はあまり効いてなく、最期が見えてきてしまっていたようです。
大腸癌が治ったら、連載を再開しようと思っていたのではないでしょうか。
まだ27才という若さで亡くなってしまい、これからの活躍に期待されていた
と思うと、とても悔やまれます。
ただただご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください