仲宗根泉 旦那[画像あり]は5歳下でイケメン!?ラブソングは誰のため?

歌手HYのボーカルである仲宗根泉さんが
10月2日放送の「深イイ話」に出演します。
5歳下のイケメン旦那もTVに初公開されるそうです。
ラブソングを歌い続けるHYの楽曲とともに
まとめます。

スポンサーリンク


仲宗根泉 旦那の画像あり!5歳下でイケメン!

10月2日の「深イイ話」にHYのボーカル&キーボード担当の
仲宗根泉さんが出演します。
まずはプロフィールを見ていきます。

名前:仲宗根泉
生年月日:1983年11月1日

2012年に5歳下の一般人と結婚し、
11月には第1子となる女児を出産しました。
現在は4歳の娘さんと3人家族だそうです。

番組では、

4歳の娘の母でもあり、仕事に子育てとスケジュールは真っ黒!
朝、娘を保育園に送り届けた後は、飛行機で大阪へ。
フェスに参加し、ひとしきり女性たちを泣かせた後は、
また沖縄に戻り、レコーディング、夕食作り、家事、作曲活動など大忙し!

家では母親、一歩外に出ればアーティストやら
恋愛相談やらで大忙しの仲宗根泉。
そんな彼女がラブソングを作り続けるのには
ある特別な思いがありました。その思いとは…?

という内容でした。
ここでは旦那さんをTV初公開するそうで、
今までHYの新里さんと結婚したという噂も流れていたので、
今回の放送で誰だか判明し、誤解が解けそうですね!

お相手は広貴さんでした!
笑顔が素敵ですね。
仲宗根さんと一緒にいて楽しかったから
結婚したそうです。
お幸せに。

スポンサーリンク


仲宗根泉 恋愛の神様がラブソングを歌う理由とは?

仲宗根泉さんの所属グループである「HY」は高校の同級生の新里英之さん、
従兄妹の名嘉俊さん、許田信介さん、宮里悠平さんと名嘉さんの5人で
2000年に結成しました。
「HY」というバンド名は地元沖縄本島中部、うるま市の与那城にある
「東屋慶名(ひがしやけな(Higashi-Yakena))」のイニシャルから来ているそうです。
2001年には、初のミニアルバム『Departure』でデビューを果たします。
当初は沖縄限定発売でしたが、沖縄での人気からCDが全国発売となり、
瞬く間に全国へと知れ渡りました。
そんなHYが今年の9月22日に18周年を迎えたそうです。
おめでとうございます!
仲宗根さんのインスタグラムに動画が投稿されていました。

そういえばw 私たち、HY 9月22日に 18年目めを迎える事と なりました。 皆さん、いつも応援 ありがとうございます😊 皆がいたからこその 18年目ですが 今日は、少しだけ 5人について 書きたいと思います。 長い間バンドをやってると 昔みたいには 行かなくなる事もあります。 もともと友達同士だった 私達ですが もちろん他にも友達が 増えていきますしw ずっと一緒にいることで 毎日が仲良しでは いられない時もあります。 特にベース信介に対しては 年々、愛想がつきることばかりですがw 冗談はさておき、 そんな、うまくいかない時 話し合うことが 気まずくても 必ず5人で言いたいことを 言い合うようにしてきました。 私が言いたいことを ズバッと言い 英が優しくそれを砕いて 説明し 俊は相手の気持ちを 理解しようと耳を傾け 悠平が優しくさとし 信介は、つまらない ギャグで場をゆるませ 5人それぞれに 役割がある本当に 家族のようなメンバーが 私は大好きです。 他の皆も同じ気持ちで ずっと5人でやってきました。 これからも、この5人で 死ぬまで音を奏でていたいし 死ぬまで4人を 支え、愛していきたいと 思っています。 私達は、18年目にもなりますが まだまだ、ミュージシャンとしては未熟者で 至らぬところも たくさんありますが HYを愛してくれる みなさまと これからも歩み続けていきたいなと思ってます。 出逢うべくして 出逢ったとは このことを 言うのでしょうね。 #HY

Izumi Nakasoneさん(@hy_izumi)がシェアした投稿 –

HYの曲といえば、「366日」や「NAO」「モノクロ」「あなた」など、
切ないラブソングが多いという印象が強いです。
とても心に響き、少し病んでいる時にはグッときて涙が出てしまうような、
聴いている人の心に寄り添う曲や背中を押してくれるような曲が多いです。
結婚して出産後も音楽活動を続ける仲宗根さんが
ラブソングを作り続ける思いとは何なのでしょうか?
番組後に追記いたします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください