三浦文彰(バイオリン) 父・三浦章宏との絆!真田丸で辻井伸行とコラボも!

本日の情熱大陸にバイオリニストの三浦文章さんが出演します。
父の三浦章宏さんとの親子の絆が放送されるようです。
三浦さんは真田丸のテーマを弾き、話題になりましたが、
盲目のピアニスト辻井伸行さんともコラボしていました!
動画付きで紹介します。

スポンサーリンク


三浦文章(バイオリン)父との絆!父・母・妹も音楽家!

三浦文章
1993年東京都に生まれ、3歳でヴァイオリンを始めました。
16歳でウィーン私立音楽大学に入学し、パヴェル・ヴェルニコフ、
ジュリアン・ラクリンのもとでさらに腕に磨きをかけ、
2009年世界最難関と言われる
ドイツのハノーファー国際ヴァイオリンコンクールで
史上最年少で優勝し注目を集めました。

両親はヴァイオリニストで妹はピアニストという音楽一家で
父親は三浦章宏さんです。
4歳からバイオリンを始め、大学卒業後、
日本音楽コンクール入賞、NHK交響楽団に入団、
ドイツのミュンヘンに留学するなど、本格的にプロを目指します。
2001年より東京フィルハーモニー交響楽団の
主席コンサートマスターを務めています。

母親はわかりませんでした。
妹はピアニストの三浦舞夏さんで、桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、
現在は桐朋学園大学に在学中ということです。
3歳よりピアノを始め、第1回山手の丘音楽コンクール中学校の部第1位、
第66回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会奨励賞、
第15回ショパン国際コンクールinASIA高校生部門アジア大会金賞、
第3回・第7回ミュージック・アカデミーinみやざき優秀賞など
数々の好成績を収めています。

番組では自らがヴァイオリンを演奏しながらオーケストラ
の指揮もする「弾き振り」に挑む過程に密着します。
三浦文章さんは今まで裏では父親に反抗していたそうで、
コンサートマスターを務める父親にどこまで本気でぶつかれて、
どこまで支え合えるのか楽しみですね!

スポンサーリンク


三浦文章 「真田丸」テーマで盲目のピアニスト辻井伸行とコラボ!

三浦文章さんは、2016年NHK大河ドラマ「真田丸」のメインテーマを弾き
話題を集めました。
盲目のピアニスト辻井伸行さんは「真田丸紀行」のピアノを弾いています。
お2人は真田丸のメインテーマで、コラボしていていた動画を発見したので
ご紹介します。

目が見えないのに、ピアノが弾けて、バイオリンに音やリズムを
合わせられるなんてすごいですよね!天才!
本当に才能があり、目が見えないとは思わせないほどの表現力があって
素敵だと思います。

お2人のデュオ・リサイタルが2017年8月30日(水)、
軽井沢大賀ホールで15:00から開演するそうです!
興味のある方は行ってみてはいかかでしょうか?
お2人の今後のご活躍をお祈りいたします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください