楽しんご 現在は整体で大成功!病気で死ぬ寸前だった!

元マネジャーの男性を殴ってケガをさせたとして傷害容疑で
書類送検されたお笑い芸人の楽しんごさん(38)が
21日放送のフジテレビ「バイキング」にVTR出演し、
現在は整体で成功していることを明かしました。
調べてみると5月には死ぬ手前くらいの
病気にかかっていたことがわかりました。
そんな楽しんごの実態に迫ります!

スポンサーリンク


楽しんご 現在は整体で大成功!月の収入は高級車1台分!?


本名:佐藤 信吾(さとう しんご)
生年月日:1979年3月15日(38歳)
出身地:神奈川県横浜市

2011年「ドドスコスコスコ、ラブ注入!」のギャグでオネエキャラで人気者になりました。
過去の年間テレビ出演本数は最高358本と大ブレークしていましたが、
2013年7月に元マネージャーの男性を殴ってケガをさせたとして
傷害容疑で書類送検され、テレビから姿を消していました。
楽しんごは「後悔というか、やっぱり調子に乗ってたなと思いますね」と反省していて、

「急にブレークしちゃったので、いきなり入ってこないような金額がどんどん入ってきて。
いろいろと僕も反省しましたけど、あれがあって自分を見直せたのかなと思います」

と話していました。
芸人としてピーク時の月収は”300万円以上”あったそうですが、今は”1万円ぐらい”と
ほとんど活動していないそうです。
 
現在は、目黒の高級住宅街にある3LDKの一軒家で
セレブ向けのマッサージ店を開業しています。
仕事場でもある一軒家の家賃は”高級時計1個分くらい”だそうで、
自宅で行うプライベートマッサージは骨盤矯正15分で1万800円、
出張マッサージは3時間で40万円と一般人には手を出せないほどの
高額設定だそうです!
予約は11月までパンパンで、人気ぶりが伺えます!
全国に8店舗のサロンを展開しており、現在のひと月の売り上げは
“高級車1台分くらい”と大繁盛していて、大成功していることを明かしました。
芸能界で干されても違うところで活躍できるのはすごいですね!
しかも、収入が高級車1台分ということは芸人の時よりも稼いでいることになり、
予約も3ヶ月以上先まで埋まっているなんて天職と言っても良いくらい、
自分の才能が出せているのだと思います。

 スポンサーリンク


楽しんご 急性腹膜炎で死ぬ寸前だった!

楽しんごは今年の5月に4時間にも及ぶ手術をしていたことがわかりました。
前日は痛みに耐えながらイベントにも出演していたといい、
8日には「姉代理打ちです」と前置き、楽しんごの姉が代理でツイッターを更新しました。

7日に緊急手術をしたこと、4時間近くの手術だったため、
関係者に連絡ができなかったことを報告していました。
9日にはベッドに横たわり点滴を受けている痛々しい写真をアップするとともに、
「病名は急性腹膜炎でした。死ぬ手前位の病気らしいです」と報告していました。
楽しんご自身は普通の虫垂炎だと思い手術に臨みましたが、
「1時間で終わると思いきや、4時間以上掛かり、中で穴が空いててかなり重症」と
明かしました。

急性腹膜炎は、臓器に穴が開いてしまうことで、内容物や微生物がお腹に広がり
炎症を引き起こす病気です。
基本的に一般的な腹痛のように痛みが引くことはなく、持続的で消えることがないそうです。
吐き気や嘔吐、腹部膨満感といった症状を起こすこともあります。
肝臓や胆のう、すい臓、女性であれば卵巣などに穴が開いた場合も発症要因となり、
腹部の外傷が原因となったり、腸閉塞などがきっかけとなることもあるようです。
最悪の場合に死に至ることもあり、あと1日遅かったらもしかしたら
亡くなっていたかもしれないですね。
今は回復し、イベントなどもやっているそうです!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください