ペルセウス座流星群 方角やピークは?夜は空を見上げよう!

世間は夏休み真っ只中!
最近はで台風が来たり、まだまだ暑い日が続きますね。
毎年この時期にみられるペルセウス座流星群。
今年2017年の方角やピークの時間帯はいつなのか?
まとめてみました。

スポンサーリンク


ペルセウス座流星群が見える方角は?ピークの時間帯は?

みなさん夏休みは何をして過ごしていますか?
お盆休みの12日から13日にかけて、「ペルセウス座流星群」がピークを迎えます。
見頃は12日(土)の夜遅くから13日(日)の未明にかけてで、
今年は西日本の方がよく見えるとのことです!
これを見る限り、北海道や東北、関東は見れなさそうですね。
残念すぎるーーー!

*ピークの時間帯
2017年の極大時刻は8月13日4時頃なので、
前日12日の夜から明け方までが見頃です。
放射点の上がってくる21時くらいから観察してみてください。

*方角
広く見れるので方角はありませんが、明かりによって見にくくなってしまうため、
月が出ていたらその方角とは逆を見た方が良いですね。
明るい流星群なので見えないということはなさそうですが…

*天気
気になる天気はどうでしょう?
12日の夜から13日の未明にかけては、東日本と北日本では低気圧の影響で
曇りや雨の所が多く、観測にはあいにくの空模様となります。
西日本は九州南部で一部、雨の降る所があるものの、
そのほかは太平洋側を中心に晴れる所が多くなりそうです。

*ポイント
空を広く見る。
明かりの少ないところで見る。
寝転がれるところがおすすめ!
15分以上見続ける。
願い事を3回唱える練習をしておく!!これ重要!

*注意事項
夜なので、冷えるところもありますので、寒さ対策が必要です!
暗いのでお子さんと見る方は手を離さないように!

スポンサーリンク


ペルセウス座流星群って?

しぶんぎ座流星群とふたご座流星群と合わせて
三大流星群と言われています。
7月下旬から8月下旬にかけてはいくつもの流星群の活動が重なる時期です。
その中でもお盆の時期にみられるペルセウス座流星群は、
流星群の中でも数が多いことで知られています。
極大頃には1時間あたり30個から60個の流星が出現する流星群で、
今年は満月を過ぎたばかりで月が明るく、見える流星の数は例年より少ないと思いますが、
空が暗い場所で観察すれば、最大で1時間に35個程度の流星を見れると予想されています。

夏休みは海やプール、花火大会など楽しみがいっぱいあると思います!
その中で、田舎に帰省している方も多いのではないでしょうか?
ぜひ田舎の空気が綺麗なところで、家族みんなで流星群を眺めて見ては
いかがでしょうか?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください