岡寛恵 事故から奇跡の回復!顔を失った女優に光が!

本日放送の「爆報!THEフライデー」で岡寛恵さんが出演します!
その内容が、女優として活動していた岡寛恵さんは
ある事故により顔面を切り刻まれ、女優の命・顔を失っていたという予告でした。
衝撃が強すぎて気になったので調べて見ました。

スポンサーリンク


岡寛恵プロフィール


生年月日:1970年6月8日(47歳)
出生地:東京都
血液型:O型
ジャンル:女優・声優
活動期間:1985年〜

小さい頃から憧れていた俳優になろうと思ったのは、小学校5年生の時、
厳しい父にを泣きながら説得し、「劇団ひまわり」に入団します。

デビューはNHK教育テレビ「明るい仲間」に
マドンナ・マリちゃんとして1年間レギュラー出演したことがきっかけでした。

それからは、東芝、旭化成、キリンレモン等のCMや、
火曜サスペンス劇場「目には目を」や「時をかける少女」等に出演しました。

その後、高校受験で一時中断したものの、無事に都立小松川高校に入学、
サンミュージックのオーディションを受けて合格し、改めて芸能活動を
再開することになりました。
学校は、私立堀越高校芸能コースに転入しています。

サンミュージックでは、事務所の先輩であった松田聖子さんや岡田有希子さんの
名前も付けた占い師さんが選んだ芸名は「岡谷章子」(おかやあきこ)でした。
「シブすぎるーっ!」と、ショックを受けたそうですが、
約3年、この名前で活動しました。

それからは、朝のテレビ小説「翼をください」、金曜女のドラマスペシャル「青き犠牲」
土曜ワイド劇場「三陸海岸婚約旅行殺人事件」、
「大都会25時」などのテレビ番組に多く出演しました。

ところが、19歳のある日交通事故に遇い、顔に大怪我をして
活動を休止せざるを得なくなります。
この事件に関しての詳しい状況はわかりませんでした。
そこからは、証券会社のOLをしたり、英語の専門学校に入学したり、
芸能界とはかけ離れてしまいました。
その間には、形成外科手術を5回受け、怪我も回復に向かっていきました。
治っていくにしたがって、

「本当にやりたいことはこんなことじゃない。このまま俳優になる夢を捨てちゃっていいの? 
長いブランクなんて気にすることじゃない。また1から勉強すればいいんだから!」

という思いが強くなり、文学座附属演劇研究所に入ります。
2000年に座員になり、再び俳優業を歩み始めました。

スポンサーリンク


岡寛恵 現在の仕事は?

事故から回復し、俳優業に復帰した岡寛恵さんは
「バイオハザード」のアリス役として吹き替えをしています。
他にも「スパイダーマン」のメリー・ジェーン、
「アイアンマン」のペッパー・ポッツなど数々の作品の吹替えを担当していて、
俳優というよりは声優をやっているみたいですね!

復帰してブランクもあったのに、この活躍ぶりには驚きました。
事故にあっても命が救われたのは、不幸中の幸いでしたね。
やはり、自分のやりたいことを諦めず努力することって大変だし、
一度失った職をまた目指すって本当にすごいと思います。
何事も諦めなければ叶うということを証明してくれている気がします。

今回の爆報フライデーでは、映画「時をかける少女」の
監督「大林宣彦」さんと再会します!
大林監督は今、末期がんで余命宣告を受けています。
お互い障害を乗り越えてきての再会ですが
どんな会話が繰り広げられるのか楽しみです!

 *追記(8月11日20:00)
爆報フライデーで、事故の真相が明らかになりました!
交通事故は、迎えに来た車に乗り、帰る途中に起きました。
右折信号で、右折しようとしたところを信号無視してきた車に衝突され、
その衝撃でフロントガラスが顔に刺さり、大怪我を負ったそうです。
傷を縫った跡が残ったため、形成外科手術を受け、現在も少し傷は残りますが、
目立たないくらいまで綺麗になっていました。
現在は独身で、母親と2人暮らしだそうです。

大林監督との再会で、幼少の頃監督から言われた
「表現者になりなさい」という言葉で、
俳優ではなく、声で表現する声優で再出発をしたと言っていました。
また、舞台などもやっているそうです!
番組内では大林監督とまた作品をやることを約束していましたので、
まだまだこれからの活躍に期待ですね!
追記終わり

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください