ポテトチップス販売再開に目処!カルビーと湖池屋どっち派?

2016年に北海道を襲った複数の台風被害でジャガイモの収穫が減り、
ポテトチップスの販売が休止されていましたが、
9月に販売再開されることが発表されました。
お菓子の代表とも言えるポテトチップスについて
書いていこうと思います!

スポンサーリンク


ポテトチップス販売再開!

カルビーは4月15日から、定番とされる「うすしお」「コンソメパンチ」「ピザポテト」の
ビッグサイズや「堅あげポテト」など計15商品の販売を一時休止するほか、
地域限定のポテトチップスなど18商品の販売を終了しました。
また、湖池屋は3月末でポテトチップスの一部など計16商品の
販売を休止・終了しました。
これは去年の台風の影響で主な原料の北海道産ジャガイモが不足していることが原因でした。

本日8月7日に小池孝湖池屋会長は新商品発表の記者会見を行った際、
九州などでのジャガイモの収穫が順調だと説明し、

「9月には北海道で収穫が始まるが、2年前以上の作付面積を確保している」

と話し、完全復活を宣言しました。
カルビーも9月4日にすべて再開する予定で、今春に起きた
「ポテチショック」は収束に向かうようです!

スポンサーリンク


ポテトチップス復活に喜びの声多数!

ポテトチップス完全復活に、 SNSでは喜びの声が上がっています!!


誰もが待ちに待った販売再開!
爆発的に売れそうで、売り切れとかも出てきそうですね!

ポテトチップスはカルビーか?湖池屋か?

ポテトチップスといえば、カルビー派か湖池屋派に分かれますね。
あなたはどちら派ですか?
私はのり塩なら断然湖池屋!コンソメパンチはカルビー派です!
ポテトチップスが販売されたのは、1962年の湖池屋「ポテトチップスのり塩」
が始まりです。その後、1975年にカルビーが販売しました。
カルビーと湖池屋の違いは何なのでしょうか?
それは味、堅さなどにあります。
のり塩で比べると、湖池屋の方がのりの風味と塩味がしっかりきいていて、厚さがあり少し堅めです。
この厚さと塩加減が絶妙で、食べだしたら止まらないくらいハマってしまいます!
しかし、消費者の6割以上がカルビー派という結果が出ています!
薄めのチップスでパリッと感が楽しめるから、結局どちらもそれぞれ魅力がありますね!

9月からポテトチップス完全復活ということで、
あと約1ヶ月待ち遠しいですね!!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください