林芳正の家系図が優秀すぎる!バンドも組んでいた!

明日8月3日に内閣改造が行われます。
安倍首相は焦点となっていた文部科学相に
林芳正元農水相を起用する方針を固めました。
林議員の家系は政治家系で、エリート揃いです。
そんな林議員の家族についてまとめてみます。

スポンサーリンク


林芳正議員が文部科学相に!プロフィールや経歴!

生年月日:1961年1月19日(56歳)
出生地:東京都
出身校:東京大学法学部卒業
ハーバード大学ケネディスクール修了
前職:衆議院議員政策担当秘書
所属政党:自由民主党(岸田派)
称号:法学士(東京大学・1984年)
MPA(ハーバード大学・1994年)
国会議員政策担当秘書
出身は東京都ですが、父親の林義郎氏が山口で出馬するために
山口の小学校に転校し、高校までは山口ですごしました。

1984年3月 東京大学法学部卒業
三井物産、サンデン交通(林平四郎創設)、山口合同ガスなど、
親族の会社で働いた後、政治家秘書になりました。

政治家になったのは1995年7月に行われた
「第17回参議院議員通常選挙」に自由民主党公認で
山口県選挙区から出馬し、初当選を果たしました。

2006年 第1次安倍内閣で内閣府副大臣
2008年8月 福田康夫改造内閣で防衛大臣
2009年7月 麻生内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
2012年12月 第2次安倍内閣で農林水産大臣
2015年2月23日 農林水産大臣

と何回も大臣に就任しています。
林議員は3つの柱を元に活動しています。

「金融政策」・・・2%の物価上昇目標等、円高・デフレからの早期脱出を目指します。
「財政政策」・・・必要不可欠な公共事業をしっかり行います。
「成長戦略」・・・適切な施策により民間の健全な競争や努力を応援します。

[引用;公式ホームページより]

外交・安全保障・財政・金融まで幅広く携わる
政策通ということで知られています。
今文部科学相で一番問題になっている「加計学園問題」も
解決に向かうのではないでしょうか?
林議員の今後の政策に期待ですね!

*加計学園問題

政府が掲げた国家戦略特別区域を活用し、学校法人加計学園が
岡山理科大学獣医学部を新設するまでの経緯をめぐる案件

林議員の友人には、東京大学の同期で麻雀仲間の村上ファンド村上世彰さんや、
評論家の宮崎哲弥さんがいます。
また、自由民主党所属の国会議員による音楽ユニット「Gi!nz(ギインズ)」に所属していて、
浜田靖一、小此木八郎、松山政司、松浪健太と共に結成しました。
ライブも行っているそうです!
その動画がこちら↓

チャリティーライブなどによる収益は支援金として用いられており、
骨髄バンクの支援や、御嶽山噴火などの被災地への援助などに充てているそうです!
2005年にはアルバムを発売したそうで
意外に活発に活動しています。

スポンサーリンク


林芳正の家系図がやばい!家族構成は?

林芳正議員の家系は代々政治家です!

義叔父:広瀬勝貞(大分県知事)
高祖父:林平四郎(醤油醸造業の長男。下関瓦斯を設立。 貴族院議員)
曽祖父:俵田明(宇部興産初代社長)
祖父:林佳介(衆議院議員)

父:林義郎(衆議院議員、厚生大臣、大蔵大臣)
母:林万里子(祖父が宇部興産初代社長の俵田明)

妻:裕子(医家6代目慶應医学部卒業の医師・河野泰通次女)
山口大学大学院技術経営研究科産業イノベーション特命准教授
長女:温子(1994年5月誕生)

林芳正議員の父親は厚生大臣や大蔵大臣を務めた
元衆議院議員の林義郎議員です。
祖父の林圭介、高祖父の林平四郎も元衆議院議員でした。
林家は、醤油製造業・大津屋、バス事業者・サンデン交通、
一般ガス事業者・山口合同ガス経営など幅広い会社を経営していて、
代々受け継がれる政治家系、経営者なことがわかります!
林議員の娘さんは現在23歳ですが、政治家にはならないのでしょうか?
気になるところですね!!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください